ポジティブ人間、サトシ君∠(`・ω・´)

こんにちは、今日は結局ポジティブが人生で一番得だということで、
中学校の時にいた友達の話をしようと思います!
偽物クリスチャンが中学校の時、サトシ君という友達がいました。
サトシ君は背が小さくあまりモテる方ではありませんでしたが、
とてもポジティブでサトシ君は自分はモテると思っていました。
そして、ある日偽物クリスチャンに相談をしてきたのです。
サトシ君『ちょっと相談があるんだけど、、、』
偽物クリスチャン『どうしたの?』
サトシ君『多分やけど、さきちゃんが俺のこと好きだと思うんだよね。。でも、俺は今野球に集中したいからそういう気持ちはないんだよね。。』
偽物クリスチャン『そうなんだー。でもさきちゃん別の男の子のこと好きだと思うよ。。』
↑この時、私はさきちゃんはサトシ君ではない他の男の子が好きということをさきちゃんから聞いて知っていました。。
サトシ君『いや、絶対に俺のこと好きだと思うんだよね!』
偽物クリスチャン『そうなんだー。。』
ここで偽物クリスチャンは返答をやめました。
皆さんはこのサトシ君の事をどう思われました?
スーパーポジティブな人?痛い人?ドンマイな人?
当時の偽物クリスチャンも上記に近いことを思っていました。。
結局、サトシ君とさきちゃんは付き合いませんでした。
それから、10年程経った後に久しぶりにサトシ君と別の友だち(さきちゃんではないよ)と3人あったときの話です。
サトシ君『そういえば、俺、昔結構モテテたよね。
さきちゃんとか俺のことめっちゃすきだったしねー。』
この発言を聞いた時、偽物クリスチャンは悟りました。
彼の人生の中の事実では、さきちゃんはサトシ君のことが好きだったのです。
事実もう闇の中ですので、誰にも立証できません。(さきちゃんが、本当はサトシ君のことが好きだったのに恥ずかしくて嘘をついていた可能性もあるので)
彼は幸せそうに思い出話を語っていました。。
まとめ
やっぱり人生は自分がどう捉えるかだと思います。
外的なイベントを自分がどう受け止めるかで、物事はポジティブにもネガティブにも簡単に変わってしまいます。ただ、幸せなんて当然、客観で測れるものではなく主観で測るものなので、ポジティブな人間の方が必ず幸せになるんじゃないかと思います!
みんなも、少しネガティブになったら、ちょっとまてよ!という気持ちでポジティブに物事とらえなおしてみましょう!きっと違う角度から物事をみることにより、違った現実がみえてくるかもしれません(^_^)
今日の名言
人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。
坂本龍馬(江戸時代末期の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867)
感想:物事をとらえる方法も人生の選択のように当然一つだけじゃない。
その道(方法)がダメなら、もっと違う道(方法)がかならずあるとおもいます。
オススメのポジティブな話はこちらです^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    記事ありがとうございます。

    • Nisemono6 より:

      コメントいただき誠にありがとうございます!
      このブログが実際に誰かに読んでいただいていると実感でき、とても嬉しいです(*^^*)
      こころより感謝致します。