アメリカ旅行前は必見!みんな意外と間違っているチップの相場!(アメリカ観光+ラスベガス編)

 
こんにちは偽物クリスチャンです^^
本日は日本ではあまり馴染みのないアメリカでのチップ制度のお話です。
チップの相場と払うべきタイミング、払わないタイミングをお伝えさせていただければと思います。
 
偽物クリスチャンは過去にアメリカでのサービス業界経営に携わっていたことがあるのでチップ制度にはかなり詳しいと自負しております。
ただ、あくまでも偽物クリスチャンの経験よりお伝えさせていたいておりますので絶対ではありません。では順番にお答えさせていただきます。

チップは絶対払わなければないの??

極論から申し上げますと、絶対はらわなければならないというわけではありません。
ただ、アメリカ社会でチップを払わないということは、とてもマナー違反な行動だということは理解していただきたいです。
わかりやすく日本社会に例えるなら、、、
 
チップを少なめにおく→レストランで派手に食べ物を撒き散らしそのまま出ていく。
チップを払わない→朝の満員電車に折りたたみ自転車を持ち込もうとする。
レストランによってはチップをおかなければ本当にウエイターが追いかけてくることもあります。その際『私達のサービスに問題がありましたか?!』と聞かれてサービスを心配するふりをしてチップを徴収に来ます。。
 
というわけで、チップのイメージはついて頂けましたでしょうか。
やはり、『郷に入れば郷に従え』ということわざが世界共通のように、アメリカに行けばチップ制度に従いましょう。。
 
 

チップはどれくらいおいていけばいいの??

 
 

レストラン:15〜20%程度
 
チップの相場は税抜きの額の15〜20%とされています。チップの支払い方は、現金の場合はテーブルに置いていきます。カードでの支払いの場合はチップを書き込む欄があるので書き込みましょう。中国の方などはサービスに関わらず、レストランでも平気で5〜10%のチップを置いていったりします、、マナー違反ですのでそういった行動は避けましょう。。ただ、ウエイターやウエイトレスのサービスが悪かった場合はチップを少なくしていただいて結構です。その場合は10%だけおいて、サービスが悪かったと伝えましょう。もし英語が苦手な場合はレシートに『(`・ω・´)』←怒ってる顔文字のつもりです(笑)でも残せば相手にメッセージとして伝わります。
よく、他のサイトではどのような場合でも15〜20%と書かれている場合が多いようですが、あくまでもこちらは相手のサービスに対する感謝の気持ちなので多く払ったり少なく払ったりはあなたのさじ加減です^^
 
例外として、高級レストランは20%〜25%という相場になっています、、こちらもレストランのサービスをみて決めましょう。
 

ファストフード、フードコート、カフェ:0〜1ドル程度
 
基本的にチップは必要とされていませんが、レジの前にチップをいれる箱がおいてあるので、お釣りの小銭などをいれてあげると喜んでくれます。
 

ビュッフェ:基本的に一人当たり1〜2ドル程度
 
ビュッフェの場合は大抵が食べ放題で自分で取りに行くスタイルです。
ウエイターやウエイトレスは最初にドリンクを取りにくるぐらいでほとんどサービスをしてくれないのでバスボーイ(お皿を下げてくれる人)へのチップも含めこれくらいが相場となっております。
 

美容師さんやエステの担当者:20%
 
例え美容師やエステ、ネイル、マッサージなどの担当者が日本人であっても必ずチップは渡してあげましょう!額が大きいので最初にチップも想定してエステなどにいくことをオススメします。
 

タクシーの運転手:15〜20%
 
こちらもサービスによりけりなんですが、普通のサービスでは15%程度でかまいません。ただ、旅行かばんを荷台に積んでもらったときや、明らかに良いサービスを提供しようとしてくれてるなと思った時は20%渡すと喜びます。
明らかに悪徳タクシーで遠回りされたなと思った時は、最悪渡さなくてもかまいません。ただ、本当に悪徳かどうかはわからないので、不満そうな顔をして10%くらいわたしとけばかまいません。
また、悪徳なタクシーの中にはおつりをチップと勝手に解釈して全部持っていかれる場合があるので、『チェンジプリーズ!』(お釣りをくださいの意味)といってしっかり回収しましょう。
今は流行りのUber(ウーバー)などはチップを払う必要がないといわれていますが、サービスを受ける以上当然渡しても問題はありません。
 

ツアーガイド:15%前後
 
ツアーガイドにもチップはあげましょう、観光客のみなさんは忘れがちですがツアーガイドさんはチップも給料の一部として考えて日当が低く設定されている場合が多くありますので忘れずあげましょう。
 

ラスベガスやカジノでのチップ

 

クラブのバーなど:ドリンク1杯につき1ドル
 

ラスベガスのクラブや、カジノのバーなどでは現金でドリンクを受けとる際に現金で渡すのが相場となっています。バーなどでは小銭がない場合は両替を頼みましょう、『チェンジプリーズ!』といえばチップようにこころよく両替してくれます。。


カジノでの無料ドリンク:一杯につき1ドル程度
 
ラスベガスのカジノでは基本的にドリンクは無料です。ドリンクをもらいたい時はスロットマシーンに座りながらオーダーしましょう。プレーしてなくてもお金さえスロットマシーンにいれておけば文句はいわれません。基本的に一人一回のオーダーに一杯までになります。ドリンクを受け取ったら『Thank you:サンキュー』と伝えて1杯につき1ドル渡せば、また聞きにきてくれます。
 

ストリップクラブのバー:ドリンク1杯につき1ドル
 

こちらはクラブのバーなどと同じで、ドリンク1杯につき1ドルが相場です。


ラップダンス:5ドル程度
 

こちらは何曲おどってもらうか、どのようなサービスをうけるかによりますが、ラスベガスのストリップクラブでは20ドルがラップダンスの相場です。その相場に対して1曲に付き5ドル程度のチップを置く方が多いようです。当然チップを弾めば相手は喜んでくれるのでサービスも良くなっていきます。


アッシャー(案内人):1ドル
 
ラスベガスの劇場、シアターなどでも、ストリップクラブでも同じですがアッシャーと呼ばれる案内人には案内してもらった後に『Thank you:サンキュー』といって1ドル渡してあげれば喜びます。
 

余談:ストリップクラブなどでは1ドル札を大量に必要とするため、両替所なるものが用意されています。


バレットパーキング:5ドル前後
 
ラスベガスのバレットパーキングは基本的に無料で、チップのしかたには様々なチップの方法があります。受け取る時だけにチップを5ドルほど渡す方、預ける時と受け取るてきに2〜3ドルずつ渡す方法。結論からいいますとどちらでもいいです。
ただ、チップをあげる習慣になれるためにも偽物クリスチャンは2〜3ドルずつ渡す方法をオススメします。
 

ホテルでの清掃サービス:2〜5ドル(1日に付き)
 
ホテルでの清掃サービスもチップを置いていきましょう。
こちらも1日に付き2〜5ドル程度が相場と言われています。
 
注意:間違っても枕の下にチップを置くなんてことはしないであげて下さい!また、メイドは明らかにチップだろうなとわかっていても人のお金に触ることができません。なので、ホテルには必ず電話の横に紙とペンが容易されていますのでそこにメモ書きで『Thank you』と残し、その上にチップを置いてあげましょう!
 

ベルマン(荷物を部屋まで運んでくれるひと):
荷物1つにつき、1ドル〜2ドル
 

ホテルについたら、大荷物だと必ずベルマンと呼ばれる方が荷物を部屋まで運んでくれようとします。当然断ることもできますが、運んでもらった場合は荷物1つにつき1〜2ドル程度のチップをあげるのが相場となっております。
 

ドアマン(タクシーを手配してくれ人):1ドル〜2ドル
タクシーを手配してくれる人にもチップはあげましょう。
タクシーに乗り込む前に『Thank you:サンキュー』と伝えて渡してあげると喜んでくれます。
 
 
最後に:『日本人は見栄っ張り!?海外の寿司屋で値段を聞かない日本人に外国人は驚き(´・ω・`)。。』でお伝えしたように日本の文化は世界からみると本当に独特です。
郷に入れば郷に従っていきましょう。また、チップはあくまでも感謝の気持ちです、日本にチップの習慣がないぶん余分にお金を取られていると思う方が多いようですが、感謝の気持ちをきっちりお金で表すのがアメリカ式です。チップを渡す際にはただ渡すのではなくありがとう!という気持ちでわたしてあげるとお互い幸せな気持ちになれます(*^_^*)
 
 
名言:心の中で感謝するだけなら、本当の感謝ではない。自分は行動の中で感謝を示そう。(ミゲル・デ・セルバンテス)
 
コメント:やっぱり感謝は伝えることが大切ですね。つい感謝を伝えることを日々の生活の中で忘れてしまいがちですが、本当によくないことだと思います。
偽物クリスチャンも忘れず、人々に日々感謝を伝え続ける生活を心がけたいです。
 
 
  
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする