【道連れ=ディズニー無料招待券!?】オバケをポジティブに考えてみた

 

こんにちは偽物クリスチャンです^^

本日は“幽霊”をポジティブに考えてみたいと思います。
みなさんは幽霊好きですか!?
もしくは怖いので嫌いですか?

偽物クリスチャンは昔幽霊を怖いと思っておりました、、ただ今は怖くはなくなってしまいした。。
いやぁ、、大人になるってこういうことなのかも知れないな。。。(´・ω・`)
ってそんな話をしたいわけではありません。(笑)

本日は幽霊をポジティブに考えることによって怖くなくする!
ということでどんなことも感が方しだいで見え方が変わるということを書いていければとおもいます^^


なぜ幽霊は怖いのか??

 

それはきっと得体の知れないものだからだと思います。
人は自分の得体の知れないものに本能的に恐怖を覚えます。また幽霊は“死”へと直結しているからだと思います。これもまた死へ直結しているものに人は本能的に恐怖を覚えます。

ここからポジティブに考えてみましょう。

得体の知れないもの→見つければノーベル賞レベルの発見

偽物クリスチャンは昔、あえてお墓の隣の家に住んでいたことがあります。
立地が良かったということがメインでしたが、他の物件に比べ空きが多かったというのも理由の一つです。
そして一番の理由は、当時Youtuberが流行っていたので、偽物クリスチャンはYoutubeをやっていませんが、もしおばけが出ればおばけの力をかりて、一躍人気者になれると考えていたからです。

結構その家に住みましたが、残念ながら偽物クリスチャンがYoutubeを始めることはありませんでした。。

やはりおばけをみたと言う方はたくさんいらっしゃいますが、
信じる人の元にのみ現れてくれるのでしょうね。。。
羨ましい。(*´ω`*)

“死”へと直結していると恐怖→もうそれは人が想像する“死”ではないのでは??

そもそもおばけが死後の世界へあなたを道連れにし、おばけが実在するということは、死んだ後の世界が実在するということになります。つまり、もしあなたがおばけに死後の世界に連れて行かれたとして、もうそれは人が想像する死後の世界ではなく、別の国に引っ越し程度で考えてはいかがでしょうか。

考えてみて下さい、そもそもおばけの世界は悪いものではありません。

おばけのメリット

食事を取らなくていい、
好きな所に移動できる、
人に見つからない、
働く必要もなく、好きなことをしていられる

しまいには自分が死後の世界へと連れていきたい人を死後の世界へと連れてこられる(あなたが死後の世界に連れてこられたように)というメリットも考えれば、もう仲の良い人達を全員連れてきてはいかがでしょうか。。

単純にディズニーランドよりも本当の意味で夢の国を作れると思います。







むしろ、もうそこはオバケの世界というより、天国と表現したほうがいいのではないでしょうか。

つまり、オバケに会えれば天国へ連れていってもらえる可能性があると考えれば、悪いものではありませんね。。

 
いろんな宗教で天国に行くために、みなさんいろんな努力をしています。
それを努力もなしに天国に行けるなんて、、そんなおいしい話はありませんね。。
 
勉強もしていないのに、
東大に受かるために神社にお参りにいって東大に合格できる!
という話を聞いた時みなさんはどう思いますか?
 
そんなおいしい話はないよ!と思うのでは?
 
そうです、オバケはあなたを死後の世界なんて連れて行ってくれるはずがそもそもないのです。そんなおいしい話はありません。
 
また、もし会えればあなたは確実にラッキーです。
人々に自慢しましょう!
ただ、街中で有名人のちょっと似ている人をみただけで有名人を見た!という人も世の中にはいます、、そんな嘘の自慢をする人もかなりいるので、本当に見たと確信、もしくは証拠があるときにだけ人に自慢しましょう(´・ω・`)
 
 
いかがでしたか、意外とオバケも悪いものではないのではないでしょうか?
 
見つれければYoutuberで一攫千金。
死後の世界に連れて行ってもらえれば、天国へのショートカット。
 
最高ですね♪


みなさんもオバケを怖がらずに、

むしろウェルカムしてあげましょう(*^_^*)

 
今日の名言:死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。 (ガンジー)
 
コメント:結局、何事も何かを恐れを抱いているのでストップがかかってしまいます。
死ぬというもっとも究極の覚悟ができている人間は間違いなく人生を楽しめることまちがいないでしょう。下記おすすめ記事になります^^
 
 
 
 

オススメ記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする