『ハゲ』をポジティブに考えてみた!

こんにちは偽物クリスチャンです!
本日は“ハゲ”をポジティブに考えて見ようと思います。

そもそも、なぜ偽物クリスチャンは未だに日本人がそんなにハゲを嫌がるのか全く理解できません。偽物クリスチャンの周りにいる男性の方から『ハゲになったら人生詰み、早くお嫁さん貰わないと』、『女性からのモテ度はハゲ=フリーターの方程式がなりたつ』など全く意味のわからない理論を唱える人達がちらほらいます。

女性の方に聞いても『若くてハゲてるとかおわってる』、『ハゲ散らかすしている人はちょっとパス』など厳しい意見を聞きます。

ただ、もう一度言わせていただきます、偽物クリスチャンにはハゲを嫌がる理由が全く理解できません。。

ハゲはシャンプーの時間を大幅に短縮でき、
ドライヤーの時間がいらない!

これは本当に大きいと思う。
髪の毛が多いとシャンプーが面倒だ、、そしてお風呂上がりのドライヤーはさらに面倒だ。。それを全て短縮できる、その浮いた時間でいろんなことができるようになるだろう。
 
シャンプー+ドライヤーで10分取られていたとしよう、その5分は一年で3650分にもなる、約60時間である。10年間で600時間、600時間もかければ本当にいろいろなものを得ることができる、宅建やFP、TOEIC800点前後などに相当する時間だと考えている。
 
10年人よりハゲるのが早い人は他の人より600時間得をしている!
 

ハゲは頭が臭くならない!

偽物クリスチャンはとにかく人の匂いが気になる。
人の二倍くらい匂いに敏感なのである、女性は男性より匂いに敏感な人は多いと考える。
髪の毛の長い人はシャンプーの匂いを髪の毛が蓄えているが、髪の毛の中が臭い。。
髪の毛の長い人はすこし激しめの動きをすると、髪の毛の中から臭いが外に溢れてくるので、フレグランスなどで臭いをごまかしているひとが多い。
そんなことを気にせずどうどうといられるハゲは得だ。
 

ハゲは散髪代がタダ。

サラリーマンの方などはわかると思うが、とにかく散髪は面倒くさいし時間がかかる。
しっかりした身なりを整えようと思うと月一回は美容室もしくは理容室にかよわなければならない。ただ、ハゲの人はバリカンで剃ってしまえば自宅でさっぱり時間がかからず、さらには値段も無料だ。
 

ハゲは大人の魅力を出せる!

渡辺兼や市川海老蔵を想像していただきたい。
彼らはハゲて坊主にしてもとても男前である、また男性独特のセクシーさを出せる。

世の中にはハゲにしかだせない魅力が本当にたくさんあるのだ。

ハゲは部屋を汚さない!

髪の毛が長いととにかく部屋の中に髪の毛が散る、毎日コロコロをしていても追いつかないくらい人間の髪の毛の生えかえは激しい。ただ、ハゲなら部屋は汚れない。少なくとも髪の毛のある人はよりは部屋が汚れない!

ハゲネタで爆笑を取れる!

自分の頭をネタにして笑いを取れる。
間違いなく部下との距離も縮めることができるだろう、距離を置かれるよりも好かれる上司になりたいと思うのが人のさがである。パッとあげただけでもこれだけいいことがある。
日本ではアートネイチャーやその他の増毛、育毛会社が自社商品を売るためにハゲ=恥ずかしいという印象を日本人に必死に植え付けている。

そんな彼らのマーケティングにのせらずに、ハゲを自慢しろ!

一番の問題は中途半端なことである。
俗に言う、『ハゲ散らかす』というやつだ。
みていてだらしがない、またカツラなどで中途半端に隠しても余計男らしくない。


ハゲは坊主にするべきだ!
 

ハゲは男の男らしい象徴である、よって男らしくハゲを活かして坊主にするのが一番の選択肢である。そうすれば、辺に周りに気を使われる必要もない。むしろハゲを受け止めて周りとのコミュニケーションに使うべきだ。
本当にできる人間はどんな環境も自分の味方にする。

あなたがハゲを味方にした瞬間、あなたの人生はかわること間違い。
ポジティブに人生を生きるべきである。

 

 
足の臭いは石鹸でとれます!
 
 

オススメ記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする