サラリーマンは転職前にまずLinkedinで自分のマーケットバリューを知れ!

こんにちは世界大手企業の元キャリアコンサルタントの偽物クリスチャンです。
本日は転職を考えている方へ、まず一番はじめのステップとしてはじめるLinkedinに関しての記事です。そもそも、Linkedinとは何なのかを元外資系へッドハンターの目線でお話させていただきます。はじめに断って起きますが、私は元ヘッドハンターなので現在はLinkedinよりなんの恩恵もうけておりませんので、なんのバイアスもかかってない意見を提供させていただきます。
今回こちらの記事でメインに紹介したいと思っているのは、そもそもLinkedinとは何なのか、何ができるの、メリットはディメリットは、そして個人情報の安全面、会社へバレたりして問題にならないのかなどなど順番にわかりやすくお伝えさせていただければと思います。
そしてそれらを踏まえてなぜLinkedinへ転職前は登録したほうが良いのかをお伝えさせていただければと思います。

Linkedinとはそもそも何なのか?

Linkedinとはビジネスに特化したネットワークづくりのSNSです。簡単に説明すると、ビジネス版のFacebookと思っていただいて問題ありません。日本ではなかなか馴染みのないものですが、全ての活動においてネットワークやコミュニティーが大切とされており、転職活動がとても盛んなアメリカでは本当に多くの方に使われております。
Facebookとの大きな違いは、Linkedinはビジネスに特化したSNSということもあります。具体的には遊んだりするプライベートな友達と交流をとるためのものではなく、将来的にビジネスでお世話になるかもしれない方々とつながることも多いので、自分の見識のない人とも積極的につながることができるということです。

何ができるのか?

基本的に多くの部分はFacebookと共通しているものがありますが、『Linkedinとはそもそも何なのか?』でお伝えした通り、ビジネスに特化したものなので自分のビジネスのネットワークを大幅に広げることが可能です。

ビジネスに特化したSNSということもあり、まずそもそものプロフィール欄に自分の経歴や学歴など載せます。(当然非公開設定は可能)そして、そのプロフィールを公に公開したり、一部のみ公開したりすることができます。また、他の人のプロフィールを覗きに行ったりすることにより、他の人とつながることができるます。
ユニークな点としては、他人から推薦状を自分のページへ書いてもらうことができます。故に、単純にその人の客観的評価や、どれだけの人望があるのかなどを調べることができるわけです。

また転職に利用するだけではなく、偏見のかかった表現になってしまいますが、Facebookとは違いビジネスの業界に興味のある人(ある程度学歴や職歴がしっかりある人)と確実に出会うことができます。

Linkedinのメリットとディメリット

メリット

ビジネス間のネットワークづくりができる。

転職などを考える際、またプライベートで参加したい活動などの仲間をFacebookより効率的に集めることができる。

他人からの評価を自分のページに載せることにより社会的信用度が増す

外資系などに転職をする際には必ずリファレンス(紹介状)が必要とされます。そんなリファレンスを大切にする文化に触れなければならない将来を考えれば今のうちから登録しておくのは悪くない手だと考えます。

他人の情報を参考にできる

基本的に繋がりのリクエストを送り、それが承認されてからになりますが、中には完全に自分の経歴を公開しているかたも数多くおられます。そういった方々が、どのような経歴で現在のポジションに疲れたかを参考にすることにより自分の明確なキャリアプランを考えることができます。

ヘッドハントの誘いがくる

Linkedinはヘッドハンターの魔窟とも呼ばれています。
転職を考えている方は全て公開にしなくても、大学名、現在の就職先と大まかな業務内容(営業、経理、マーケティングなど)などを一部公開していれば必ずヘッドハンターから声がかかってきます。その繋がりから新しい就職先のアイデアを貰えることは間違ありません。

ディメリット

多かれ少なかれ個人情報が他人に見られる

日本人は周りの目を気にする文化より、個人情報に本当に気にされる方が多いのです。よって日本でLinkedinが流行っていない理由の大きな一つに『個人情報が他人にみられる』というところにあると考えています。

ヘッドハンターからDM(メッセージ)が面倒くさい

日本には本当に多くのヘッドハンターがいます。その彼らがメインで使ってくるヘッドハントのツールがLinkedinもしくはビズリーチです。ヘッドハンターは例外なくLinkedinアカウントを持っています。そんな彼らから来るメールを面倒くさいと感じるかたも多いと思うのでこちらをディメリットとしてあげさせていただきました。

会社へバレたりして問題にならないのか?

結論から言いますと、会社へバレる可能性はゼロではありません。
しかし、それが問題になることはありません。

現在の就職先を記入しますし、実名で登録するので会社へバレる可能性がゼロではないことは確かです。ただ、会社にバレるということは、そもそも相手もLinkedinに登録している人間ということなどであなたを問題視することはないでしょう。また日系会社の人事部が直接Linkedinを使用してヘッドハントをしないのでこっそりバレるということもないでしょう、かれらはほぼ例外なく外部の会社へ頼んでいます。

仮に自分がLinkedinに登録しているからといって、必ずしも転職を希望しているとは限らないからです。他人のプロフィールを覗いてみたかった、外国人の友達に誘われて一応登録してみた、なんとでも言い訳はできます。

まとめ

なぜLinkedinに登録した方が良いのか?

そもそもあなたの実名と大学が他人に知れたことで実害は起こりません。
また、Linkedinへの登録=転職の意思という図式そのものがそもそも成立しないからです

さらには転職=浮気という発想はもう完全に古い考え方です、
現代社会に人事部でそんな発想をされる方はもう絶滅しています。
また逆にそんな発想をされる企業は会社規模にかかわらずこれからの国際社会で生きていくことは難しいでしょう。

メリットでお伝えした通り、Linkedinでビジネスの関係のネットワークを広げることができます。社会においてネットワークは本当に大切です。またヘッドハンターとのコミュニケーションにより、自分のマーケットでの立ち位置などを知ることで、過大評価や過小評価ではない自分の本当のマーケットバリューを知ることができます。

ゆえに、転職活動する上において、まずは市場をしることから始める第一歩としてLinkedinへの登録オススメしているわけです。

人材の流動性が極めて高くなっている世の中で、今までの鎖国状態であった就社主義は完全に音を立てて崩れます。また、大きな企業に入り終身雇用という籠城に頼っている人間は将来本当に後悔することになります。

しっかりと自分のマーケットバリューを認識して、
危機感を持って仕事と向き合いましょう。

追記:ヘッドハンターの見極めかたなどを記載した下記記事も一読願います。

仕事に向き合うだけが自分を守るすべではありません、
しっかりと正しい仕事との向き合いかたをしましょう(*^_^*)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする