サラリーマンはLinkedinで自分のマーケットバリューを知れ!Linkedinで転職活動はまずバレない理由。

こんにちは!
世界大手企業の元キャリアコンサルタントをしていた偽物クリスチャンです。
本日は転職を考えている方へ、まず一番はじめのステップとしてはじめるLinkedinに関しての記事です。そもそも、Linkedinとは何なのかを元外資系へッドハンターの目線でお話させていただきます。

はじめに伝えておきますが、私は元ヘッドハンターなので現在はLinkedinよりなんの恩恵もうけておりません。故に何のバイアスもかかってない意見を提供させていただければと考えております。

今回こちらの記事でメインに紹介したいと思っているのは、そもそもLinkedinとは何なのか、何ができるのか、Linkedinに登録するメリットとディメリットは何なのか、そして個人情報の安全面、会社へバレたりして問題にならないのかなどなど順番にわかりやすくお伝えさせていただければと思います。
では、それらを踏まえて、まずなぜLinkedinへ転職前に登録したほうが良いのかをお伝えさせていただければと思います。

Linkedinとはそもそも何なのか?

Linkedinとはビジネスに特化したネットワークづくりができるSNSです。
簡単に説明すると、ビジネス版のFacebookと思っていただいて問題ありません。日本では、なかなか馴染みのないものですが、アメリカや北米の国では、全ての活動においてネットワークやコミュニティーが大切とされており、転職活動もその中のネットワークが必要な活動の一種です。そんな、転職活動がとても盛んなアメリカで本当に多くの方に使われているSNSが日本にも入ってきたというものです。アメリカから渡ってきたサービスという言うだけ合って英語に特化した求人も多く、中には海外からのヘッドハントなんかも存在します。
Facebookとの大きな違いは、Linkedinがビジネスに特化したSNSということです。
具体的には、遊んだりするプライベートな友達と交流をとるためのものではなく、将来的にビジネスでお世話になるかもしれない方々とつながることも多いので、自分の見識のない人とも積極的につながることができます。
また、Linkedinはビジネスに特化したSNSというだけあり、自分の同僚にRecommendation letterと呼ばれる、推薦状をLinkedIn上にコメントのような形で書いてもらえます。
外資系への転職活動において、推薦状はとても大切なものになります。そんな推薦状を、SNSなの上で保存できたりもするのが、ビジネスに特化したSNS、Linkedinの特徴でもあります。

Linkedinで何ができるのか?

基本的にLinkedinでできる多くの部分はFacebookと共通しているものがありますが、『Linkedinとはそもそも何なのか?』でお伝えした通り、ビジネスに特化したソーシャルネットワークなので自分のビジネスのネットワークを大幅に広げることが可能です。

ビジネスに特化したSNSということもあり、そもそものプロフィール欄に自分の経歴や学歴など載せます。(当然非公開設定は可能)そして、そのプロフィールを公に公開したり、一部のみの人に公開したりすることができます。また、他の人のプロフィールを覗きに行ったりすることにより、他の人とつながることができるます。
ユニークな点としては、『Linkedinで何ができるの?』でご紹介したとおり、他人から推薦状を自分のページへ書いてもらうことができます。故に、その人の客観的評価や、どれだけの人望があるのかなどを調べることができるわけです。

また転職に利用するだけではなく(偏見のかかった表現になってしまいますが)、Facebookとは違いビジネスの業界に興味のある人(ある程度の学歴や職歴がしっかりある人)が利用している傾向にあり、そんな人たちと出会うことができる確立は圧倒てきにFacebookよりもLinkedinの方が高いでしょう。

Linkedinのメリットとディメリット

メリット

ビジネス間のネットワークづくりができる。

転職などを考える際、またプライベートで参加したい活動などの仲間をFacebookより効率的に集めることができる。そして、もし自分がスタートアップなどの企業を始めたい場合も、相手の経歴が簡単に見れ、さらには推薦状などから人柄を観察することもできるので、仲間を集める際にはとても良いネットワーキングの手段となります。

他人からの評価を自分のページに載せることにより社会的信用度が増す

外資系などに転職をする際には必ずリファレンス(紹介状)が必要とされます。そんなリファレンスを大切にする文化に触れなければならない将来を考えれば、今のうちから登録しておき現在の職場からも推薦状をもらっておくのは悪くない手だと考えます。

他人の情報を参考にできる

基本的に他人の情報を詳しく見るには、まず繋がりのリクエストを送りそれが承認されてからになります。しかし、Linkedinを利用する人の中には完全に自分の経歴を公開している人々も数多くおられます。そういった方々が、どのような経歴で現在のポジションに就任されたのかを参考にすることにより自分の明確なキャリアプランを考える手助けにすることができます。

ヘッドハントの誘いがくる

Linkedinはヘッドハンターの魔窟とも呼ばれています。
転職を考えている方は全て公開にしなくても、大学名、現在の就職先と大まかな業務内容(営業、経理、マーケティングなど)などを一部公開していれば必ずヘッドハンターから声がかかってきます。その繋がりから新しい就職先のアイデアを貰えることは間違ありません。

ディメリット

多かれ少なかれ個人情報が他人に見られる

日本人は周りの目を気にする文化より、自身の個人情報の取扱にとても気を配っている方が多いです。Linkedinに登録すれば多かれ少なかれ、他人に自分の個人情報が漏れます。よって日本でLinkedinが海外ほど流行っていない理由の大きな一つに上記の『個人情報が他人にみられる』というところにあると考えています。こちらは日本人にとって確実なるデメリットと呼べるでしょう。

ヘッドハンターからDM(メッセージ)が面倒くさい

日本には本当に数多くのヘッドハンターがいます。その彼らがヘッドハントのメインで使ってくるツールがLinkedinやビズリーチなどです。ヘッドハンターは例外なくLinkedinアカウントを持っています。ビズリーチのアカウントは成功報酬制度が独特なので使わない方針の会社もいるでしょう。そんな、日々新しい会社の人材を探しているヘッドハンターから来るメールを面倒くさいと感じるかたも多いと思います。故に、ヘッドハンターからDMがくるのはディメリットとしてあげさせていただきました。(ちなみに、元ヘッドハンターで違う業界に転職した人間はだいたいLinkedinのDMが面倒くさいので、Linkedinを更新しない傾向にあります。)

会社へバレたりして問題にならないのか?

結論から言いますと、会社へバレる可能性はゼロではありません。
しかし、それが問題になることもありません。

Linkedinへの登録の際には、現在の就職先を記入します。さらに実名で個人名も登録するので会社へバレる可能性がゼロではないことは確かです。ただ、会社にバレるということは、そもそも相手もLinkedinに登録している人間ということなので、あなたを問題視することはないでしょう。また日系会社の人事部が直接Linkedinを使用してヘッドハントをするとも考えにくいので、こっそり人事部にバレているという可能性も少ないです。日系企業の多くは、タレントアクイジションというポジションを持っていない企業がほとんどなので、彼らはほぼ例外なく外部のコンサルティング会社へ頼んでいます。

また、仮に自分がLinkedinに登録しているからといって、必ずしも転職を希望しているとは限りません。他人のプロフィールを覗いてみたかった、外国人の友達に誘われて一応登録してみた、なんとでも言い訳はできます。ゆえに特に問題はありません。

公開企業をブロックすることもできる

Linkedinの情報を公開する企業を当然ながらブロックすることもできます。
そうなってくると、個人以外から見つかることはありません。またLinkedinのプライバシー設定であなたの情報をどこまで人に公開するかを設定できます。
あなたが、世界に一人しかいないような名前であればもしかすれば会社にバレる可能性はあるかもしれませんが、大抵の人は同姓同名の可能性の方が圧倒的に多いため、問題になることはないと考えていいでしょう。

まとめ

なぜLinkedinに登録した方が良いのか?

そもそもあなたの実名と大学が他人に知れたことで実害は起こりません。
また、Linkedinへの登録=転職の意思という図式そのものがそもそも成立しません。

さらには転職=浮気という発想はもう完全に古い考え方です、
現代社会の人事部でそんな発想をされる方はもう絶滅しています。
また逆にそんな発想をされる企業は会社規模にかかわらずこれからの国際社会で生きていくことは難しいでしょう。

メリットでお伝えした通り、Linkedinではビジネス関係のネットワークを広げることができます。これから転職が盛んになっていく社会においてネットワークづくりは本当に大切です。またヘッドハンターとのコミュニケーションにより、自分のマーケットでの立ち位置などを知ることで、過大評価や過小評価ではない自分の本当のマーケットバリューを知ることができます。また、もしあなたが本当に転職したいなら、情報量が圧倒的に多いリクルート系列のエージェントなどに相談してみば真摯に転職サポートをしてくれます。

転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!

ゆえに、転職活動する上において、まずは自分の市場価値、そして転職の市場をしることから始める第一歩としてLinkedinへの登録オススメしているわけです。

人材の流動性が極めて高くなっている世の中で、今までの鎖国状態であった就社主義は完全に音を立てて崩れています。大きな企業に入り終身雇用という籠城に頼っている人間は将来本当に後悔することになるでしょう。

しっかりと自分のマーケットバリューを認識して、
危機感を持って仕事と向き合いましょう。

また国際化が進むことにより英語の必要性は本当に大切になります。
逆に言えば、英語さえ話すことができれば世界で働くチャンスがうまれるのです。自分に何ができるのかを考えていれば、自分のマーケットバリューは必ず上がっていきます。何かを始めるのに今日より早い日はありません、英語を24時間いつでも自分のタイミングで勉強できるアプリなどでしっかり勉強して、自分の市場価値を高めていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする