ピース綾部すでに渡米、そして帰国。。ビザは何ビザ?

 
 
 こんにちは偽物クリスチャンです!
本日はピース綾部さんについての記事を書いていこうと思います。
アメリカは入国の際に、移民に寛容ではありますがビザ取得がなかなか難しいという現状があります。今回はそのアメリカで一旗あげようと、一世一代の覚悟を決めて出国したピースの綾部さんについて考えていきたいと思います。
 

ピース綾部、ニューヨークへ行く

ニューヨーク行きへの経緯

お笑いコンビ『ピース』の綾部さんがニューヨーク行きへの経緯はいかなるものなのか。
お笑いコンビの相方、又吉さんが『火花』で芥川賞を受賞したことについて深く感銘を受けたと語っている。自分も何か大きなことをしたい、挑戦心を諦めてはいけないということに大きく心が動かされたようです。昔から、なんでもとりあえずやってみてはできてしまったといった彼独自の成功経験より今回のニューヨーク行きを決意したそうです。

 

現在のピース綾部はビザで苦戦中?

 
今年の3月で涙ぐみながら、本場ニューヨークでお笑いをしたいといって出国をしていた綾部さん。しかし、ビザがなかんか取得できず、観光ビザでニューヨークに渡ったと言われている。ご存知の通り、観光ビザでは米国内での勤労は許されておらず、さらには90日以内に米国より出国しなければならないという制限が付いている。
 

すでにもう帰国済み?

涙ぐんで日本を出国した綾部さんが日本でちらほら見つかっているという噂を耳にします。
最近もすでにお笑いコンビの品川庄司の品川さんと日本の居酒屋で笑顔で飲んでいる姿が発見されているので、もう帰国しているという噂が有力です。
言語の通じない外国で果たしてどれほど彼が、日本の笑いを伝えれるのかは疑問である。。。
 
 

日本の笑いは海外で通用するのか!?

 
海外の笑いは大きなリアクションなどで笑いをとる日本のそれと比べ、言葉で人をたくみに笑わせるのが主流である。現にスタンドアップコメディーと呼ばれる、日本で言うところの一人漫談がコメディアンの主流のスタイルであることを考えれば、言語の壁をもった綾部さんが海外で成功することは極めて難しいと考える。
 

綾部、アーティストビザは認められなかった!?

アメリカのビザの種類にはいろいろなビザがあるのだが、本来であればピース綾部さんはアーティストビザでアメリカへ渡米しているはずである。しかし、観光ビザで制限がかかっているということを考えれば、きっとアーティストビザは認められなかったのであろう。そもそもアーティストビザとは、伝統芸能や、その業界で国際的に認められた人間にのみおりるもので、綾部さんの状況ではまだまだ難しい。
芥川賞を授賞した相方の又吉さんなら許可がおりていたかもしれないということを考えれば残念である。。
 
 

まとめ


挑戦を諦めない心は素晴らしい。

今回の件で40歳になるなか、言語も通じない国へ今ある名誉を捨てて飛び立ったピース綾部さんは素晴らしいと思う。一体何人の方が彼と同じ決断をくだせるだろうか。。
私の中では綾部さんの成功、失敗に関わらず尊敬の対象へと変わった。
 
 
 
ここで有名な彼の名言が頭をよぎります。
 
Steve Jobs (1955-2011)
 
Never settle. Stay Hungry, Stay foolish.
『決してとどまってはならない。貪欲であり、バカであれ。』
 
 
感想:一度きりの人生、後悔のないようにその時その時を無駄にせず、楽しく生きれるようになりたいものです。
 

海外に興味がある方は留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】 で初期費用がほとんどかからない留学やワーキングホリデーなどの情報を聞いてみよう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする