ラスベガスのレストランで最高のコスパ『In n Out 』イン・アンド・アウトバーガー!ハワイやカリフォルニアでも大人気!!

こんにちは偽物クリスチャンです!

本日はラスベガスカリフォルニア、ハワイで一番人気のレストラン『In n out』イン・アンド・アウトバーガーをご紹介したいと思います。こちらのレストランはカリフォルニアで生まれ、カリフォルニア生活をしたことがある人なら、まず間違いなく知っているだろうというハンバーガーレストランです。基本的にはカリフォルニアにのみこちらのハンバーガーレストランがあるのですが、ラスベガスの隠れた場所にこちらのレストランがあります。おそらくラスベガスのレストランの中で一番のコスパを誇るハンバーガーです。シェイクシャックなんかには絶対に負けてないと思います。そんな『In n out』イン・アンド・アウトのメニューやオーダーの仕方を含めご紹介したいと思います。

カリフォルニア生まれのイン・アンド・アウト

メニュー

ダブル・ダブルバーガーセット $6.80

一般的なダブルバーガーにポテトとドリンクのセット

チーズバーガーセット $5.65

一般的なチーズバーガーセット

ハンバーガーセット $5.35

一般的なハンバーガーセット

以上

なんとイン・アンド・アウトのすごいところはハンバーガーのセットメニューが上記の三種類しかないところです。一応裏メニューもあるのですが、裏メニューは基本的に味が変わるというよりも上記のハンバーガーを大きくしたり、混ぜたりするだけです。

冷凍食品を一切使わないそのこだわりのスタイル

イン・アンド・アウトバーガーの一番の売りは冷凍食品を一切使わないそのスタイルです。マクドナルドなどと違い、なんとフライドポテトもその場でじゃがいもを切断し油で揚げて作ります。ほとんどのファストフード・レストランはいろんな添加物が詰まった冷凍ポテトを油で揚げるだけというスタイルをとっている中イン・アンド・アウトバーガーは生の食材からハンバーガーをつくるというところにこだわり続けています。彼らのモットーはフリーザーを一切使わないそのスタイルです。オーダーの際にマクドナルドなどの他のレストランと比べ少し時間がかかってしまいますが、待つだけの価値は間違いなくあります

アメリカ人はこう食べる!

そんなシンプルなメニューしかないイン・アンド・アウトバーガーです。せっかくアメリカに来たのでアメリカ人たちに大人気の食べ方を経験したいと思わた方のためにご紹介します。

アメリカ人はシェイク($2.20)で売られているものにポテトディップして食べます。

上の写真のような食べ方です。
日本人の舌には正直合わない方の方が多いのではないかと思いますが、アメリカ人には大人気の食べ方です。そもそもこちらのシェイク350mlだけで580キロカロリーもあるモンスターシェイクです。(ご飯お茶碗2.5杯分)580キロカロリーあってもおかしくない日本ではなかなか味わえない甘さです。ただやはり郷に入れば郷に従え。チャレンジャーには是非オススメです。

オススメのオーダーの仕方

イン・アンド・アウトのハンバーガーは生の玉ねぎが使われています。
生の玉ねぎ臭いもきついので焼いてもらうことをオススメします。

オーダーの際に『グリルド オニオン プリーズ』とお願いしましょう。

上記のようにオーダーすると玉ねぎをみじん切りにして、焼いてからハンバーガーに入れてくれます。また、『スプレッド プリーズ』とオーダーの際にお願いすると、タルタルソースににたマヨネーズベースのソースをもらえて、ハンバーガーにつけて食べるととても美味しいです。是非オススメします。

場所

住所: 4888 Dean Martin Dr., Las Vegas, NV 89103 アメリカ合衆国

上記の場所になります。

ラスベガスのメイン通りのストリップからMGMグランドの交差点をニューヨーク・ニューヨークの通りの方に歩いて行くと高速道路の反対側(徒歩で10分程)の所にあります。
ラスベガスのレストランはどのレストランもとにかく高くて、味もそんなに美味しくないというレストランが多いのでこちらのイン・アンド・アウトレストランは本当におすすめです!

ただ、夜には絶対に歩いて行かないようにしましょう!
もし夜に行きたければタクシーでドライブスルーを使いましょう。
日本のような感覚でラスベガスを歩くと本当に危険です。間違ってもストリップ以外の通りを徒歩でウロウロすることは避けましょう。


アメリカでも日本のHuluに登録すれば、日本語字幕でも吹き替えでも映画もドラマも見放題です(*^_^*)


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする