元ヘッドハンターが教える、サラリーマンの転職の面接で気を付けなければならない3つのこと。

こんにちは偽物クリスチャンです。

本日は転職の面接の際に気をつけなれければならない3つのことを書いていきたいと思います。いざ転職を考えて無事面接まで進み、面接を控えているとします。そんな時にいざ面接といっても何を準備したらいいのかあまりわかないというのが現状です。そんな人達のために事前にこれだけは準備をして置かなければならないことを書いていきたいと思います。

こちらの転職の面接の際に必要な準備というのは主にオフィスで働かれている方々を対象としております。現場や特殊技術を必要とするような職場の面接の場合はスキル面の話が最重視されると思いますが、参考までにぜひ読んでいっていただければと思います。

転職の面接の基本的なこと

面接は何度くらいあるの?

転職の際に自分のうけるポジションにもよりますが、2〜3回程度と思っていただければまず間違いないと思われます。基本的に3回では多い方と言われています。
流れとしては
人事→自分のダイレクトマネージメント(自分の上司になる人)→部長か社長
上記のようになる場合が多いでしょう。
当然会社規模などによっても変わってきますが、一般的な大きな会社は上記の2〜3回程度でまず間違いありません。

気をつけれなければならないのは服装よりもファーストコンタクト

基本的には清潔感のある服装で面接にはいきましょう。
ただ、そこまで転職で身なりなどに注意を払っている会社はありません。むしろこちらの記事を読んでいる方々はある程度、社会人経験を経験してきている方だと思われますので出勤の際のいつもの格好でといったほうが伝わりやすいと思います。
ただ、気をつけなければならないのは服装よりも相手と一番最初にあった時のファーストコンタクトです。心理学でも有名な話ですが、人間は短時間の面接でその人の印象の大部分を第一印象で決めてしまいます。そんな第一印象を良くするためにも、できるだけ爽やかな笑顔挨拶のもと相手と接するようにしましょう。

転職の面接で気を付けなければならない3つの事

1. 今までの経歴の転職理由をしっかりまとめる

転職の面接の際に一番注意しなければならないことは、自分がなぜいままでの会社をやめてきたのかを一貫性をもって説明ができることが本当に大切となってきます。また、そのやめた理由によりその人の人間性が見えてくるからです。

転職理由の良い例として『ポジションに空きがなかったので、マネージャーに昇進して転職しました』、『違う業種(今現在の業種)をやってみたいと思い転職しました』などなどです。
悪い例としては『会社がブラックすぎてやめてしまいました』、『上司のセクハラに絶えきれずやめてしまいました』、『職場の雰囲気に馴染めなかったのでやめてしまいました』などなどです。

良い例と悪い例の違いは単純に理由が客観的に聞いてポジティブネガティブかということです。転職者を面接する際は、その転職者が自分の職場に入ってきてうまく会社に馴染めるかということを重視する企業さんが多いようです。その際に以前の職場で人間関係が問題となって転職を考えている方の場合は、現在の職場でのスキルがあって働けたとしても、また人間関係が問題でやめてしまうのでは無いかと思われてしまう可能性があるからということです。部長レベル(ディレクターレベル)の面接などではあまり関係ありませんが、マネージャーレベル、もしくはリーダーレベルの転職では本当に大切になってきますまた、第二新卒などのスタッフレベルの面接ではほぼこちらが重視されるといっても過言ではないでしょう。

2. 志望理由を論理的にまとめる

当たり前だと思われるかたもいらっしゃるかもしれませんが、本当にこれができてない人が多いです。とりあえず適当に調べてなんとなく口裏をあわせてようなんて気持ちで面接にこられるかたも多く、そういう方は面接ですぐわかります。またベンチャーを希望している方はこちらの志望理由が一番大切といっても過言ではないくらい、候補者の志望理由を大切にしている会社が多いです。やはり、少人数でやっていればやっているほど自分たちのチームのカラーにあった人材を探したいと思うのは当然のことです。社長の理念を理解しているか、またはちゃんと調べているかなど本当に大切になってきます。そういった、会社の理念にそった志望理由を事前に用意してきているかどうかが本当に大切なポイントになってきます。

3. 質問には結論から答える練習をする

こちらも社会人だから当たり前だ!と思われているかたも多くいらっしゃるかもしれませんが、できていない人が多いのが特徴です。特に面接という特殊な場面では、普段そういったことができていてもできない人が意外と多いからです。面接官との対話形式からやってくる質問には簡潔に結論から答えましょう、その応対が直接職場で出る反応なんだと向こうは思われます。ここで質問の回答を濁すような回答になってない回答を返したり、結論から質問に答えず回りくどい話し方をしたりしてしまうと面接官に非常に悪い印象を与えてしまいます。なので緊張したとしても質問には簡潔にかならず結論から答える練習をしておきましょう。

面接は失結局最後は相手企業との相性

失敗しても落ち込むな、ただ相性が悪かっただけ

たまに面接は優れている人間はどこの企業も欲しがるので、自分が面接に落ちたのは優れていなかったせいだと思われる方がいらっしゃいます。しかし、実際はその人の能力も当然見ますがそれ以上に、会社のカラーとその人があっているかどうかを中心にみる企業がほとんどです。クールな人間ばかりの中に情熱にすごい熱い人間が来てしまうと浮いてしまいます、逆も当然起こりえます。面接で落ちたとしても諦めずいろんな企業を受けましょう
そして数をうっている間に自分に一番あった企業を探すことができます。

人材会社を利用する

ヘッドハンターや人材会社を利用しましょう。
彼らは企業へ人材を紹介するだけで企業より報酬をもらっているのであなたへの負担は一切ありません。また、彼らは人事の人間と常に接触しているので相手先の人事どのようなカラーの人材を求めているかをこっそりあなたに教えてくれます
そうです、向こうはあなたをなんとか企業に入れたい、そしてあなたはその企業に入りたいというウィンウィンな関係が築けるわけです。
また、当然あなたの面接の練習なども含めていろいろ協力してくます。
外資の人材会社もおすすめですが、大手のリクルートがやっているマイナビエージェントがおすすめです。

まとめ

転職活動は最終的にあなたのまわりの候補者と比べてあなたはどうかという比較となってきます。ゆえに運要素も非常に強く、落ちた落ちないで凹んでいてはきりがありません。自分に本当にあった会社で楽しく働くためにも根気良い転職活動を行っていきましょう。
それは必ずあなたのためになります。

また、雇われるのに不自由を感じているかたは新しい発想で、自分で何か初めて見るのも一つの方法です。ゼロ・トゥ・ワンがとてもモチベーションがあがる本になっていますので、ぜひ手にとって見てください(*^_^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする