ストラトスフィアタワーホテルと絶叫必須の乗り物紹介!ラスベガスで高いところ好きはここに行け!

こんにちは偽物クリスチャンです!

本日はラスベガスで一番高いタワーを持つホテル『ストラトスフィアタワーホテル』をご紹介しようと思います。こちらのホテルは東京タワーよりも高い地上350mよりスカイジャンプができたり、タワーの頂上へと向かって急上昇するビッグショットがあったり、とても魅力的な絶叫必須の乗り物がいくつかありながらも価格帯がとても安いという魅力もあります。今回はそのストラトスフィアホテルについてアトラクションの紹介と共にこちらのホテルのメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

ストラトスフィアタワーホテル滞在のメリットとデメリット

メリット

宿泊値段が安くて、ホテルも部屋もキレイ!

ストラトスフィアホテルは以前ご紹介したエクスカリバーホテルほぼ同価格帯で、エクスカリバーホテルよりもカジノ、フロア、そしてホテルの部屋などとてもきれいです。アメリカでストラトスフィアホテルの価格帯で泊まれるホテルで一番綺麗なのではないかと思うほど、ホテル純粋なコスパは非常に良いです。また従業員などのサービスもよく、宿泊だけを考えたれば間違いなくラスベガス一を争うコスパを誇る最高に良いホテルです。

エンターテイメント性が高い

25階にあるプールや東京タワーよりも高い地上350メートルという高さを誇るタワーやそのタワーの頂上にある展望台に設置された、ビッグショット、インサニティ、Xスクリームの3つのアトラクションとスカイジャンプなども備えたとてもエンターテイメント性の高いホテルです。また、オシャレにお酒を飲みたい場合はタワーの頂上付近にあるバーで一杯など、ラスベガスの夜景を楽しみながら本当に贅沢なひとときを過ごすことができます。
またホテル内にマクドナルドフライドチキンなどのファストフードレストランもあるので、高いお金を払ってご飯などを食べたくない時にも非常に便利です。

安いカジノレート

お酒などのクオリティーもほかのストラトスフィアホテルの価格帯のホテルなどと比べて悪くなくカジノレートがメジャーホテルの中で一番といっていいほど安いです
ブラックジャックなどもミニマムベット5ドルレート週末以外ではクラップスも5ドルレートでやっております。ちょっとカジノを遊びたい人にはもってこいのホテルだと思います。また、ウエイトレスも頻繁にカジノ場を回っているので無料でお酒も頼みやすいとても良心的なカジノだと思います。

デメリット

場所がとにかく不便

地図を見ていただければわかるようにストラトスフィアタワーホテルはストリップのメインカジノよりはるかに離れています。(バスで7分程度)当然徒歩の距離でほかのホテルへ行くことはほぼ不可能なのでバス、もしくはタクシーを使うことになります。ラスベガスが初めてで、夜のラスベガスを探索したいと考えている方にはあまりオススメしませんのラスベガスの街でホテル巡りをすると必ずタクシーを使ってホテルへ戻ってくることになってしまうので、英語を苦手とする方にはおそらくあまり向かないホテルでしょう。

ただ、グランドキャニオンの旅行際に少し泊まるや、他のホテルはもう見たことあるのでカジノを楽しみながらゆっくりしたいという方にはとてもオススメのホテルです。

ストラトスフィアタワーの絶叫必須のアトラクション

3つのアトラクション

ビッグショット

なんとこちらはタワーのアンテナのように見えている部分で行われるフリーフォール型のアトラクションです。地上350メートルから更に上へと打ち上げるなんともアメリカンな発送のこちらのアトラクション。そこから見下ろすラスベガスの街は間違いなく一生の思い出になること間違いなし。ラスベガスが誇る人気のアトラクションの一つです。その高さは間違いなく世界で一番を争えるフリーフォールをラスベガスで体験できます。

インサニティ

こちらはタワーの屋上フロアでわざわざタワー外に向けてクレーンを吊るし、それを回転させて爽快感を楽しんでもらおうというのがコンセプトのアトラクションです。正直、見ているだけでも恐く、高所恐怖症の人はまず間違いなくトラウマになり、人によっては失神してしまうこともあるのではないかという乗り物です。ただ、高いところが好きな人達はとても楽しそうに乗っていますので、高いところが苦手でなければラスベガスへお越しの際は一度は挑戦してみましょう。

Xスクリーム

こちらの乗り物は偽物クリスチャンが個人的に一番恐そうと思っている乗り物です。
そもそも偽物クリスチャンは高いところが嫌いなので全てのアトラクションに乗ったことがないのですが、こちらのアトラクションが一番乗りたくないと思っております。
一番前に乗ると、レールが見えなく更に一番前のレールを少しはみ出し下へ落ちようとするため本当に恐いです。正直、乗ったことがない偽物クリスチャンが言葉で説明するよりも上記のYoutubeを見ていただければわかりやすいと思いますので、ぜひ見て下さい。
上記のYoutubeを見れば、ご納得いただけるのではないかと思っております。

チケットの値段と営業時間

営業時間
月曜日 午前10時〜午前25時
火曜日 午前10時〜午前25時
水曜日 午前10時〜午前25時
木曜日 午前10時〜午前25時
金曜日 午前10時〜午前26時
土曜日 午前10時〜午前26時
日曜日 午前10時〜午前25時

チケットの値段

タワーへの入場料

入場券 20ドル(4−12歳は12ドル、3歳以下は無料)   
入場券+1アトラクション券 25ドル
入場券+2アトラクション券 30ドル
入場券+3アトラクション券 35ドル
入場券+乗り放題券 39.95ドル

スカイジャンプ

最後にご紹介するスカイジャンプは上記のアトラクションと別物になり、タワーの頂上より地上に向かいジャンプするというスカイダイビングににも似た体験ができます。ただ、スカイダイビングと違いビル群の中に飛び込んでいくというぶん、その恐さは倍増すること間違いないでしょう。少し値段は張りますが、スカイダイビングより安く、一生の思い出づくりには非常にいいアトラクションだと考えます。

*スカイジャンプはワイヤーで縦と横に補助として吊るされているので、ジャンプコースをそれたりする心配がないので安全です。

値段
ジャンプ 119.99ドル 
ジャンプ+写真 129ドル
ジャンプ+ビデオ 149ドル

*ホテル宿泊中の方は若干この安くなります
*14歳以上:14〜17歳の人は保護者の承諾書が必要となります。

営業時間
月曜日 午前10時〜午前25時
火曜日 午前10時〜午前25時
水曜日 午前10時〜午前25時
木曜日 午前10時〜午前25時
金曜日 午前10時〜午前26時
土曜日 午前10時〜午前26時
日曜日 午前10時〜午前25時

まとめ

立地条件という難点だけ克服できれば、350メートルの高さを誇るタワーに5ドルでは入れたり。ビッグショット、インサニティ、Xスクリームなどのアトラクションや25階のプールなど、いろいろな楽しみが詰まったストラトスフィアタワーホテルです。安い値段の割に、ホテルも綺麗、カジノレートも安い、エンターテイメントも豊富と三拍子そろったこちらのホテルは是非オススメです。

ぜひ最安値が比較できるサイトTripAdvisor (トリップアドバイザー) で『ラスベガス』のホテルをお探しください^^

 
 
 
海外にいても日本語や日本語字幕で映画見放題のHulu!
今なら2週間の無料トライアル付き!
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする