アメリカ旅行のホテルやレストランで気持ちよくチップを払うために知ってた方がいいチップを置く理由。

 

こんにちは偽物クリスチャンです。

本日はアメリカで主流になっているチップについて考えていきたいと思います。
なぜチップを払わなければならないの!?と思われている方が日本人には多いのではないのでしょうか。そもそものチップの意味を理解して気持ちよくチップを払えるようになるためには、なぜチップを払うのかを考えていくことが近道です。気持ちよくチップを払えるようになりせっかくのアメリカ旅行を楽しいものにしましょう。

そもそもチップは払わなければならないの?

チップを義務と考えるのは間違い

日本人はチップを税金と同じように考える人が多いようです。
これはチップ文化のない日本からいきなりアメリカにやってきて、いくらぐらいチップを置いていきましょうという数字だけを学び、なぜチップを置くのかをあまり考えないからだと思います。

日本人はお年玉や、冠婚葬祭などであげるご祝儀など『儀式や礼儀』としての形だけでお金を渡す人が多いように感じます。その感謝の形も義務感より相手に渡し、渡さなければ周りの目が気になるから渡すと考える人がおおいのが現実です。しかし、本来の意味を考えればいくらお金を渡すかよりも、相手にどんな気持ちで渡すかが重視されるべきです。チップも何かサービスをしてもらった時に個人的な感謝を伝えるために渡すものなので当然義務ではないのです。極論を言えば、全く感謝していなければチップを渡さないという選択肢も当然あります

極上のサービスの国、日本と外国の違い

滝川クリステルが日本のオリンピック誘致の際に『おもてなし』といったように、日本はおもてなしの心は間違いなく世界で一番の国だと思います。ただ、問題点はその素晴らしいおもてなしに慣れてしまい、その極上のサービスを当たり前と考えてしまうことが問題です。日本は『お客様は神様だ』とよく称されますが、そもそも商売とは売手と買手の需要が合致して取引が行われるべきなので買手にまわるお客様は神様でもなんでもなく、売手と対等な立場であるべきなのです。レストランなどに行っても、レストランのルーツを考えれば誰かの家でご飯を食べさせてもらう代わりにお礼としてお金を置いていくだけの話しなので当然食べさせてあげてる側も食べさせてもらっている側も対等な立場であるべきです。そんな中、殿様文化の国日本では、少しでも無料(コストがかからず)で来客数を増やすために、辛抱強い日本人の性格を利用し、従業員を徹底教育の上“最高のサービス”を生み出すことができたのだと思います。ただ、殿様を喜ばせることに命をかけてない外国ではそのような教育は当然難しくいまだに売手と買手は対等な立場であるとの認識がつよいです。

レストランのオーナーとウエイターは別の人間

アメリカの大体のレストランではチップは全て従業員の物になり、レストランのオーナーはチップに手をつけません。レストランのオーナーとウエイターは完全に別物だと考えて下さい。日本では何かご飯を食べた場合、そのご飯にかかるお金とレストランでサービスしてもらったお金は同じだと考える文化ですがアメリカではそうではありません。純粋に食べ物に発生するお金はレストランのオーナーの物となりますが、サービスに対しては完全にウエイターが自分のさじ加減で人にサービスしているものだと考えてください。故に、ご飯を運んでもらったことに少しでも感謝しているのならその感謝の印としてチップを置いてあげましょう。感謝の印というのが根本的なチップの考えかたです。

チップに関するQ&A

サービスに満足していなかったらチップは払わなくてもいいの?

サービスに満足していなければ当然チップは払わなくても問題ありません
ただ、その際は必ずウエイターになぜチップを払いたくないかを伝えましょう。

海外はダイレクトコミュニケーションの文化です。つまり、なんでもストレートに物事話さなければなりません。何か不満を抱えて、何も言わずに店をさりもう二度と戻ってこない、もしくはインターネットでその店の悪口を書きまくるというようなことは通用しません。

もし、なぜ払いたくないかを伝えなければレストランのウエイターがあなたの元へ聞きにくるでしょう。(これが俗にいう、チップを払わなかったので追いかけられるという現象です)

注意としては普通のサービスだったので払いたくないということで通用しないということです。日本の常識を勝手に海外に持ち出し、サービスしてもらえるのは当たり前と思っている時点で大きな間違いです。普通のサービスをしてもらえることは海外ではすでに当たり前ではありません、しっかり感謝しましょう。

チップを払わなければアメリカ人はどう感じるの?

チップを払わなければアメリカ人は礼儀のない人だと感じます。
日本人の感覚で考えれば、外国人がレストランにやってきて食べ物のゴミを平気で床に捨てて行った時、または電車の中で大きい声で平気で通話をしているような感覚です。
アメリカのレストランでも中国系の人は本当にチップを置いていかない、もしくは少ないということで有名です。日本人の誇りをもってアメリカを旅行しましょう。

結局いくらぐらいチップを置けばいいの?

感謝の気持ちでいくらでもいいというのが回答ですが、一応チップの額の相場は決まっています。下記の記事をご参照ください。

まとめ

チップは義務ではありません。感謝の気持ちですので感謝をもって置いていくようにしましょう、そうすればアメリカ旅行ももっと楽しいものになります。ご存知の通り日本のサービスは世界一です、そんな自国の勝手な基準を他国に持ち込まないように気を付けましょう。『郷に入れば郷に従え』ですね。最高の海外旅行を楽しんでください。

ぜひ最安値が比較できるサイトTripAdvisor (トリップアドバイザー) で『ラスベガス』のホテルをお探しください^^^

海外にいても日本語や日本語字幕で映画見放題のHulu!
今なら2週間の無料トライアル付き!
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする