英語上級者が伝える、絶対後悔しない語彙力を効率的に上げる厳選2種類のオススメ方法!

こんにちは偽物クリスチャンです。

本日は英語中級者〜上級者に向けて記事を書いていきたいと思います。
英語を勉強する上で文法を学ぶ事は本当に大切になってくるのですが、ある程度まで英語が上達すると文法は問題ではなくなり、今度は語彙力のカベにぶつかります。
そんな語彙力のカベにぶつかった時にいい効果的ないくつかの勉強方法をお伝えできればと思います。もし、あなたが英文法のカベにぶつかっているようでしたら『英語を初心者から学べる社会人に絶対オススメの5冊(文法編)』も合わせてお読みください。

語彙力を効率的に上げる2種類の方法!

単語帳を勉強する

一番始めから一番ベタな方法をご紹介して申し訳ないのですが、ある程度の英語の語彙力をみにつけるまでは単語帳で単語を勉強することが一番効率のいい方法と思われます。
その中で特にオススメの単語帳を今回はこちらでご紹介させていただきます。

TOEFLテスト 英単語3800

海外に留学された方の9割はこちらの単語帳を使っている、もしくは使っていたのではないかというくらい王道な参考書です。初級の英単語から上級の英単語までしっかりと暗記ペースを指定しながら勉強ができます。日常会話ではなかなか聞く事のない学術的な単語も覚えることができ、この一冊を覚えてしまえば海外留学は大学院レベルまで語彙力を伸ばせるというとても効率的に単語を覚えることができる一冊です。さらに、CDもついており通勤や通学中なども勉強できるというメリットもそなえたすぐれものです、人生において一度はこの単語帳を通読で覚えてみることをしたほうがいいと考えています。

辞書を読む

こちらは英語上級者なら一度は通ったことのある道、もしくは最終的にたどり着く道だと思います。単純に英和、もしくは和英辞書を適当に読み続けるというなんとも単調な作業です。
辞書を読むメリットとしては、日常ではなかなか遭遇しないような珍しい言葉や、自分が普段生きているコミュニティーではなかなか使わない言葉などを勉強することができます。そして、英単語帳などでは重要単語を取扱すぎるがゆえ、どれも同じような単語で一度は見たことがあるとという状態になった人でも、聞いたこともないような言葉と日々遭遇できるとうことです。一つの辞書を人生を通して毎日なんとなく眺めることにより、語彙力を本当に伸ばすことができます。しかし、辞書を読むデメリットとしては、試験などのある一定の期間を設けて勉強をしている場合、ランダムな言葉に遭遇できるというメリットがある反面、重要単語から効率的に覚えるということができないため勉強効率は単語帳ほどではありません。そんな、目標を期間を定めて設定している方は、上記の単語帳を先に優先することをオススメします。

オススメの読む辞書

ポケットプログレッシブ英和・和英辞典〔第3版〕

上記のポケットプログレッシブ英和・和英辞典はサイズという面でもにも本当にオススメです。あまりに意気込んで大きい辞書を購入してしまうとまず読まないようになります。
しかし、サイズ的にちょっと長い筆箱を持ち歩いてる感覚で持ち歩け、重さも特に気になりません。持ち運んで読むことができ、さらには通読するのにも時間がかからないということもありとてもおすすめです。

小説を読んで語彙力を増やそうとすることはあまりオススメしない

小説を英語で読むということもオススメできますが、小説などを英語で読む場合は単語よりも本の内容に集中してしまうため単語にフォーカスできないという可能性がりあまり記憶に残りません。また自分の好きなジャンルの小説を読むことにより、語彙の幅が結局狭まってしまいます。当然、普段英語の勉強など関係なく英語の小説を読んで楽しむことができるという方は間違いなくそれを続けることにより、もっと語彙力を伸ばすことができるという方法になると思いますが、英語の勉強をしたいから小説を英語で読むという方にはあまりオススメできません。

まとめ

いくつもの単語帳や辞書を紹介してもなかなかどれを買えばいいかわからにというのが現状ですので、今回は本当にオススメな本を厳選してご紹介させていただきました
第二言語を学ぶ人間において、語彙力とはどのレベルになってもなくならない課題だといえます。そんな課題をいかに克服していくかを手助けできる、持っていて絶対に後悔しない二冊だと考えておりますのでぜひ一度手にとって見て下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする