アメリカはクレジットカードの色でレストランのサービスが変わるって本当?アメリカと日本のクレジットカード事情の違い!

こんにちは偽物クリスチャンです!

みなさんはクレジットカードをお持ちですか?最近は日本でもクレジットカードだけではなくカードで支払いができるデビットカードや、現金を持ち歩く必要がない電子マネーなどもとても流行してきています。日本人がアメリカに転勤や留学をしたときに、日本の現金主義の感覚でアメリカに行くと、アメリカのどこでもカードが使える文化にビックリする人も多いのではないでしょうか。また、そんなクレジットカード社会だからこそ、カードの色で飲食店やエンターテイメント施設などでの接客対応やサービスが変わるという噂も流れています。本日はそのような観点から、カード社会の流れが日本にもやってきているということもあり、アメリカのカード社会の事情を書いていければと思います。

圧倒的カード社会、アメリカ

現金に対する日本とアメリカの認識の違い

アメリカ人は治安の問題もあり、現金を持ち歩くことを極度に嫌がります。カードが使えないお店は行かないというアメリカ人も多いのではないかと思われます。
最近は日本もカードの使えるお店がとても多くなってきましたが、まだまだカードの使えないお店が多いのも現状です。お客さんがカードを使うと、お店側がカードの使用手数料を取られるということもあり、小さなお店薄利多売を得意とするお店お客さんからカードを使われることを嫌がることが多いのです。
日本人は現金を使うことに慣れているので、このような小さな小売店がカードを使えないように設定していてもお客さんが減ってしまうというデメリットがそこまで生じないというわけです。

10円の買い物からカードを使用する国アメリカ

アメリカではカードで買い物をすることが当然となっているため、どのような少額な買い物もカードを使用するのが普通です。 たとえ、その買い物が10円程度の買い物であれアメリカ人はカードを使用します。日本人の感覚で考えれば、10円程度の少額な買い物は現金を使えば良いと考えがちですが、小銭を持ち歩くのを嫌うアメリカ人からすればこのような少額な買い物だからこそ、カードを使いたいと考えるのです。

また、アメリカではジュースなどを買う自動販売機もカードをスワイプして支払いができるようになっている自動販売機が主流です。日本では最近suicaIDなどの電子マネーを使える自動販売機が増えてきましたが、まだまだ電子マネーが使えない自動販売機がとても多いのを考えるとアメリカがいかにカード社会であるかというのが手に取るように見えてきます。

余談になりますが、アメリカが日本よりもインターネットショッピングが主流になっている理由は、国土の大きさなどの違いもありますが、それ以上に決済システムに使われているクレジットカードの身近さなどが大きな理由の一つだと考えられます。
日本はまだまだクレジットカードなどを決済に使用すると犯罪に巻き込まれる可能性が大いにあるというような、古い考えを持った方々が非常に多いのが現状です。そのような中、安い商品を求めインターネットで購入しているにも関わらず、現金で支払いたいがために代引き手数料というかたちでネット割引以上の額を請求されてしまうと言う、なんともいえない状況がおこってしまっているのです。

アメリカのカード事情

カードの色はステータス?

偽物クリスチャンがアメリカにいた時、 日本人の友人からアメリカ人はクレジットカードの色を日本人よりも気にするという話をきいたことがありました。
はたして、アメリカ人は日本人よりもクレジットカードの色を気にするのでしょうか?
偽物クリスチャンの個人的感想ですが、レストランなどでカードを見せる機会がたしかにアメリカの方が多いのですが、やはり周りの目を特に気にする日本人の方がカードの色を気にしていると感じました。

カードの色でレストランなどの対応が変わるって本当?

まことしやかに 巷で噂されている都市伝説でクレジットカードの色でアメリカのレストランでは接客の対応が変わると言う話を耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか?
はたしてこちらの都市伝説は本当なのでしょうか?

結論から申し上げますと、ウエイターの対応は変わりません。

そもそも会計が一番最後になっているので、カードの色でその人に対して接客態度を変えるということはほぼございません。そもそもアメリカのレストランではチップのシステムが主流になっているので、いくらその人がお金を持っているかなど気にする人は少ないです。問題はそのお客さんがお金を持っているかではなく、しっかりチップをウェイターに置いていくかの方がとても重要だからです
アメリカ人はとてもはっきりしています。チップを置いてくれるお客さんにはしっかりとした接客をし、チップを置いてくれないお客さんには適当な対応をします。なのでどれだけ高級なカードの色を持っていようが、結局はウエイターに対してチップをどれだけ置くかで接客が対応が変わるのでカードの色は全く関係ありません。

まとめ

いかがでしたか、少しでもアメリカと日本のカード事情の違いを伝えることができたでしょうか?電子マネーの普及とともにクレジットカードも日本でかなり浸透してきているのは間違いありません、しかしまだまだ小さな店舗などはクレジットカード会社にとられる手数料を節約しようというおもいの下、クレジットカードを使えない店舗が多いのが現状です。将来的にどのようなお店であっても電子マネー、もしくはクレジットカードを使用できるような日本がやってくることを偽物クリスチャンはとても楽しみにしております(*^_^*)

足の臭いは石鹸でとれます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする