海遊館の常連者が教える!休日の激混み海遊館で人混みから逃れて魚を見る裏技!

こんにちは偽物クリスチャンです!

本日は大阪に訪れた際にユニバーサル・スタジオ・ジャパンとともに訪れる予定を立てる人も多い大阪の観光名所の一つ海遊館の裏技をご紹介させていただきます。最近は外国からの観光客がとても増えているのでちょっとした裏技をしればゆっくり魚が見られます!

海遊館で人混みを避けて魚を見る方法!

まず海遊館の構造を知る!

上記のマップをみていただければわかるように、海遊館は螺旋階段のような構造になっております!初めて海遊館に訪れる人はまず間違いなく螺旋階段の水槽を見つけるとついその場で立ち止まってしまいます。しかし、ここで立ち止まっては行けません!小さな水槽を除き基本的にはこの中心にある一つの大きな水槽を階層を変えて見学することになるからです。

ゆっくり魚を見たければ下層階で魚をみるのが一番!

外国からの観光客や初めて海遊館を訪れた人たちはこの海遊館の構造をあまり考えず、一番上の階層でインパクトのある大きな水槽を見つけて立ち止まってしまい、海遊館の前半の上の階層に人が本当に多く集合してしまいます。しかし、やはり魚にそこまで興味のない人たちも多いので途中であきてしまい後半では海遊館前半を一生懸命見ていた人もサラッと見流す人が多いので下層階は本当に上層階と比べて空いているのです。

もしあなたが程よく海遊館を楽しみたいと考えている場合はこの最初に目に入る大きな水槽で立ち止まってはいけません!入ったばかりで大きな水槽をつい立ち止まってみてみたいと思うかもしれませんが、本当に人が多く混んでいる場合が多いので下層階でメインの水槽をみましょう!きっと人混みを避けて楽しめるはずです。

マナーの悪いお客さんも多い??

上記でもご説明したとおり、ユニバーサルスタジオ・ジャパンの人気と共にアジアからの外国人観光客の人々もとても増えております。そんな外国人観光客の人たちが、自国の文化の感覚で海遊館という人混みの中行動しますので、日本の感覚のマナーに従わない人たちも多いと感じました。それゆえ、子連れの方々などはぜひ人混みを避けて、せっかくの楽しい旅行を不愉快な思いをせず見られるよう上記の裏技を実行してみてください(*^_^*)

海遊館基本情報

基本情報

営業時間
9月 9:30〜20:00
10月以降 10:00〜20:00

*2017年度は年中無休予定

料金
大人(高校生・16歳以上) 2,300円
子供(小・中学生) 1,200円
幼児(4歳以下) 600円
シニア(60歳以上) 2,000円

*価格は全て税込みです。
*シニアの方は年齢の証明できるものが必要となります。
*3歳以下あは無料です。

住所

552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10

お得な切符など

海遊館では電車・バスなどと海遊館の切符をまとめて買うととてもお得です!
もし、大阪で他の観光スポットなども周りたいと思う方はぜひそちらのお得きっぷをご購入することをオススメします。

下記オフィシャルサイトをご参考ください。

http://www.kaiyukan.com/info/admission/kaiyu_ticket/

意外と知られてない海遊館のツアー

海遊館では意外と知られていませんが、500円〜1000円程度で海遊館ツアーを用意しています。ツアーに含まれるものは、添乗員さんの海遊館の説明と共にバックヤードで飼育員の人が餌などをあげているのが見られるツアーがあります。
ゆっくりと説明を聞きながらツアーを楽しめ、さらには15分程度で海遊館のバックヤードを見学し普段みることのできない魚の姿などをみることができます。
興味のある方はぜひ参加してみてください(*^_^*)

ご予約などのお問い合わせは 
TEL 06-6576-5501 までお電話してみてください。

公式サイトのURLは下記になります

http://www.kaiyukan.com/program/guide_tour/

まとめ

海遊館は大阪の中でも指折りの観光名所です。しかし、近年はユニバーサルスタジオジャパンの人気などもあり、外国からの観光客も増え休日には驚くほどの混み具合です。人混みをさける観覧方法をぜひ実行してみて、ストレスのない観光旅行を楽しんでいただければと思います。また海遊館に起こしの際は、市営地下鉄や近鉄などとセット売られているお得なチケットや、意外と知られていない海遊館ツアーなどもありますので、ぜひ色々な海遊館の楽しみ方をしてみてください(*^_^*)

 

 

 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする