座間9人遺体事件、白石容疑者の事件と自殺願望者の人たちに白石容疑者より先に伝えたかった事

こんにちは偽物クリスチャンです!

最近は記事の更新頻度が激減しているということに気づきました。。
読んでくださっている方々がいる中本当に申し訳ないです。
今までは結構How to系の記事を書いていたのですが、これからはもっと偽物クリスチャンのつぶやき日記も増やして生きたいと思います♪
暇つぶし程度に読んでいただければ幸いです(´・ω・`)

早速、今回の記事は今ニュースで世間を騒がしている9人の遺体を遺棄した疑いがかかっている白石容疑者の殺人事件について書いていければと思っています。

9人の遺体を遺体を遺棄した白石容疑者

事件の全貌

現段階ではまだまだ事件の全貌が見えてきてはいませんがまとめると下記になります。
白石容疑者は27歳無職、男性。

・9人を殺害

・その死体を遺棄、自宅のアパート1Kマンションにクラーボックスに入れて遺棄

・9人中の8人は女性(内4名は10代)

・金銭目的での殺害と現時点では自供(2017年11月2日現在)

・ネットで自殺願望者を募集

上記のような内容になります。

白石容疑者の人物像

白石容疑者は中高生時代は至ってマジメでクラブ活動などに専念していたという。
高校を卒業後はパチンコ屋勤務をへて、水商売のスカウトマンとして働いていた。
学生時代に仲が良かった友達などの証言によると『とてもまじめな人だったが、何を考えているかわからないところがあった』とのことです。
現時点ではまだまだ謎に包まれていますが、間違いなく心に闇を抱えている人だったことは間違いなさそうです。

今時分が見えている世界が全てではない!!

今回の事件は本当に悲しい事件だと偽物クリスチャンは考えています。
被害者の人々もそうですが、加害者の白石容疑者もきっと白石容疑者をそうさせてしまった家庭環境があったのでしょう。。

最近はネットで自殺願望を話すことにより、誰かに同感していもらうことができます。
その同感により励ましを得ることができ社会復帰につながる場合もありますが、逆に同感により自分の自殺したいと思う考えが間違っていないという思いが加速して自殺につながるケースも多くあります。

またその事実を利用して、殺人願望のある人間がそういった人々に遺書などを書かせえて殺人をするという事件も起こっています。

世の中は時に本当に残酷ですし、自分の理解者がなかなか見つからず孤独感を味わうことも多くあるでしょう。しかし、あなたのこのブログで何度もお伝えしている通り、今あなたが見ている世界が全てではありません。

全く違う文化と社会が広い世界には広がっているので、
今見ている世界が全てだとは思わないでください。

“出る杭は打たれる!”の日本文化と正反対の意味をもつアメリカのことわざ!

日本人は神経質なのか、、アメリカ白人キャンプでスモアを勧められた話。

など読んでいただければ少しは気晴らしになると思います。
このブログが少しでも皆さんの気晴らしになれれば嬉しいです♪

感想

このような猟奇的な事件をニュースで耳にする度に本当に悲しい気持ちなる一方、自分にも何かできることがないかと本当に悩みます。これからもこちらのブログを続けることにより少しでも違った考え方をみなさんに届けることができればとおもいます。
こちらのブログを読んでくださっている方々に感謝です(´・ω・`)

これからもよろしくお願いいたします♪

    

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする