平成生まれはきっとしらない、懐かしの美味しい?駄菓子 TOP10!

 
 
こんにちは偽物クリスチャンです^^
みなさんは子ども時に食べたお菓子で印象に残っているお菓子などは何かありますか?
大人になるとなかなか駄菓子を食べる機会が減ってしまうの事実です。
今は駄菓子屋さんがめっぽう減ってしまって、都会育ちの平成生まれの人達はそもそも駄菓子という言葉自体をしらない人達もいるのじゃないかと思ってしまします。
 
ということで、本日は幼少期に駄菓子を食べ尽したと言っても過言ではない、
偽物クリスチャンがおいしい駄菓子順にランキングTOP 10を紹介したいと思います!
駄菓子に馴染みのない人たちは、今でもドンキホーテやインターネットなどで購入できるものも中にはあるので、おすすめランキングのお菓子を見つけたらぜひ一度試して見て下さい(*^_^*)

きっと美味しくて幸せな気持ちになれると思いますよ^^


第10位 『ヌーボー』

たい焼きチョコとともに大人気だったこの商品、なぜか最近は全くみなくなりました。
エアーの入ったチョコがモナカの中に隠れていて、フワッたとした食感がやみつきになるこちらの商品。
時のお笑い芸人の『た◯ろ まさし』さん、がCMをやっていました。
それが、スキャンダルと共に、こちらの商品もろとも世の中からすがたをけしてしまいましたね。。
いやー、世の中おそろしい。。。
確かに、よく見るともともとこのぬーぼーというキャラクターはいまでいうところのキモカワイイという微妙なラインをせめてるキャラクターですもんね。
それがた◯ろまさしさんの事件のせいで、もう完全に不気味なキャラにしか見えなくなってしまったのも原因のひとつかもしれませんね。まぁ、当然真相は闇の中です。

 
 
 


第9位!『モロッコヨーグルト』

 
駄菓子屋さんに行ったことのことのある方ならまずしっているだろう駄菓子です。
モロッコヨーグルトという名前だったんですね。(笑)
驚きなのが原料にヨーグルト等の発酵乳や乳製品を一切使っておらず、グラニュー糖とショートニングを同僚混ぜ合わせ、そにヨーグルト風味を出すための香料、酸味を加えてつくられているということ。
まぁ確かに、もし乳製品が使われているとしたらそんなに日持ちがしなくなってしまい、駄菓子屋にあの値段でおける商品はできなくなってしまいよすね。。
マッシュルーム型のような謎?の入れ物にはいっており、当たりがでるともう一つお前家でもらえた所も忘れがたいポイントですね。
正直今食べても『おいしい』と思えるかどうかはおいといて、もう一度どんな味だったかを思い出すために食べてみたい一品ですね。
 
 


第8位! ヤッターめん

 
 
 
 
こちらのお菓子は今考えれば完全アウトな商品ですね。。笑。
当時10円で売られており、すごい少量の乾麺のカス(おそらく原価は恐ろしく安い)がなかに入っております。
なぜそんな商品に人気がでたのか?ですがなんとご存知の方も多いと思いますが、こちらはお菓子をメインとしているのではなく完全なるギャンブルです。
お菓子の裏に10円〜100円の当たり券が印刷されている場合、その店でその金額だけの商品を購入できてしまうのです。。
この商品を子どもに売ろうと考えた、大人達、今考えれば恐ろしいです。
ただ、当然時代とともになくなってしまった商品でもありますが。。
パチンコ屋の三店法もそのうちなくなるのでしょうか。。
 
 
 


第7位! ココア・シガレット

 
よく食べました。。こちらはいろんな味のバリエーションがあり、いちご、コーラ、オレンジ、ブルーベリーなど様々なあじがありましたがその中でも群を抜いておいしかったのがこちらのココアシガレットです。
今考えれば、タバコを吸っている大人を子どもが真似るすような見た目であり、喫煙を子どもに促す可能性があるとんでもないお菓子です。笑。
IQOS(アイコス)』の記事でもご紹介したと思いますが、まず間違いなくアメリカでは販売できないでしょう。。
ただ、こちらのお菓子を大好きだった偽物クリスチャンは現在もタバコは吸わないのでココアシガレットと喫煙の因果関係については証明できないかもれませんが、とにかくあまり教育には良くないお菓子だということがわかります。。
タバコを吸わないあなた、今度こちらの商品をかって、何食わぬ顔で友人の前でココアシガレットを加えてタバコを吸ってるふりをしてみましょう!
ウケる+話が弾むこと間違い無し!
 
 


第6位! 粉末ジュース

 
 
あったあった!と思っておられる方もとても多いのではないのでしょうか。
こちらの商品は本来は中の粉末を水に溶かして飲むというのが正しい飲み方だったのですが、子供たちがわざわざ水とコップを用意するはずもなく、粉末をそのまま口の中にいれ、口の中で強烈に濃いジュースを作り出すという商品です。
記憶に残っておられる方もとても多いのではないでしょうか。
偽物クリスチャンは最近こちらの商品を見つけたので、試しに購入してみました。
正直、そのまま飲むのは健康面などを考えかなりためらったのですが、ここはレポートのためと思いのんでみたら、、、、、、、、、、、
めっちゃ濃かったです。笑。
健康面などを気にしてしまっているせいか、とても美味しいとは思えませんでした。笑
子どもの時は、よくこんなものを平気で飲んでたなと思ってしましましたね。。
ただ、とても懐かしい感覚に戻れたことは間違いなかったです。
また、みなさんも見つけたら一つ手に取ってみて、こどものときの感覚に戻ってみましょう^^


第5位! プチプチ占い


 
こちらも知らない人はいないのじゃないかと思うくらい子どもに人気の駄菓子でした。
小さなチョコレート(マーブルチョコを小さくしたようなもの)が12個入っており、占いができます。こちらのチョコレートの下に書いてある『おしゃべり』や『にんき』などの項目にそったチョコレートが入ってる裏の銀紙のところに◎、◯、☓、△、などシンプルにかかれているというものです。
チョコレートのお菓子を銀紙を割いて取り出す際に、占いの部分が破けてしまい、占いが見えなくなるということがよく起こり、そちらを一生懸命銀紙をひっつけて確認するという作業や。でてきた占いが☓だった時に、友達にあげて、友達が食べるのをみてからそのチョコレートは☓だったんだよ!と笑いながら分け合った記憶もあります。
偽物クリスチャンにも、そんな時期があったなとこちらの文章を書きながらしみじみしています。。笑
子供心に戻れる懐かしのお菓子という意味では間違いなく外さない一品でしょう。
 
 
 


第4位 にんじん

今考えればこちらは恐ろしい商品ですね。笑。
まずよく企画会議でこの商品がとおったなと、、笑。
こちらの商品は見た目がズバリ『にんじん』の中に、ポン菓子(お米などの穀物に圧力をかけた後、一気に解放して、膨らませ、砂糖などであじつけした、お米版ポップコーンのようなもの)を詰めたお菓子です。
偽物クリスチャンも食べてました。。笑
どういう経緯でこちらのポン菓子をにんじんの形の入れ物につめる、という発想にいたったのかはわかりませんが、とにかくそのアイデアは斬新です。
ただ、ポン菓子は意外にどこでも売られていますので、そこまで食べたいとは思わなかったのですが、その斬新さに偽物クリスチャン賞をあげたいと思います。。笑
 
 


第3位! テキサスコーン

 
 
Why Japanese People!!!!(ウワァーイ、ジャパニーズピーポー!?)と厚切りジェイソンから100%リアクションをもらえるこちらの商品。
なぜ!?テキサス!?
そもそも、ご存知の通りたこやきは日本のたべもので、英語でもTakoyaki、もしくはOctopus ballと訳されているのをみたことがありますが、テキサスとはまず間違いなく縁はないでしょう。w。(ちなみに大阪名物たこやきは、偽物クリスチャンが以前すんでいたことがある中国(国)の地方では北海道名物!と堂々とかかれていたのを覚えております。。)
 
ツッコミどころしかないこちらの商品、、、また美味しい!正直たこ焼きソースの味がするただのスナックですが、このジャンキーなテイストがまた懐かしさを最大限まで引き出してくれてこども心に戻れること間違いなしの商品です。
このテキサスコーンという名前を覚えている方もすくないと思いますので、こちらを友達に『テキサスコーン』あるよ!といってプレゼントして、あとから商品を出せば驚いてくれること間違い無し!
国際化が進んだいまでは、考えられない商品ですが、昭和ならではの匂いがするとてもユーモアあふれる商品ですね。
 
 


第2位! ミニサワーシリーズ

ジュースがモチーフになったら、ラムネですね!
あなたのお気に入りの味は何味でした!?
偽物クリスチャンは定番のコーラ味が大好きでした、ただなぜかまわりにはデカビタ味が大人気で、かならずポケットにこのラムネのデカビタ味をもっている男の子のをとても印象的に覚えています。
今考えれば、やっぱりラムネのサワーテイストの味が強く、ほとんどそのジュースの味はしないのですが、子供の頃はきっとこの僅かな味の違いにも敏感に反応できていたのでしょう、、、もしくはもう完全にみために酔わされていたのかもしれませんね。笑。


第1位!フエラムネ

堂々の第1位はこちらのです。
もう、子どもがこちらの商品を好きな理由がすぐわかるというくらいの定番商品ですよね。偽物クリスチャンはヒューヒュー音をならしながら食べていたのを鮮明に覚えています。もう味なんかは全く覚えていなにのに、ヒューヒューを覚えてるぐらいなので、間違いなくこちらの商品の思惑どおりの購買をしていたのだと思います。また、こちらの商品におまけでついているおもちゃ箱、今考えれば衝撃的なくらいちゃちなおもちゃシンプルなおもちゃが入っていたのですが、子どもはこれでもうれしい!あの頃は本当に純粋でしたね。。(´・ω・`)


みなさんいかがだったでしょうか^^?

懐かしー!!もしくは、へぇ~こんな商品あるんだ!?となっていただけましたでしょうか^^偽物クリスチャンは子ども時代は日本で生活をしたのですが、そこから本当に長い期間海外にいたので、日本に帰ってきてこれらの商品をみなくなったこと、また駄菓子屋さんすらみなくなったことに衝撃を受けたのを覚えています。
やはり、高齢化と少子化が進んでしまったせいなのでしょうね。。
経営者(高齢者)ばかりが増えても、利用者(こども)が減れば当然経済は回りませんもんね。。また、いつの日か『ヤッターめん以外』の商品が街中で普通に見れる日がやってくることを期待して、その日を待ちましょう!
 
 
オススメ記事です
こんな考え方もあるんだー程度で参考にしていただければ幸いです^^)
 
 
 
 
 
今日の名言:先人達が残してくれたあらゆるものに感謝しようとし、
その流れに何かを追加しようとしてきた。そう思って私は歩いてきた。
(スティーブ・ジョブズ)
 
コメント:やっぱり、昔を学び、現在を知り、将来を考えるということが本当に大切なんでしょうね。こちらの今回紹介した商品を街中でみることができなくても、それらの商品が今の商品の礎になっているのかと思えば、悲しさはなくなりますね。
ちなみに筆者がなんばのドン・キホーテで見つけた駄菓子セクションを調べたときの動画こちらです、ぜひ見てみてくださいヽ(=´▽`=)ノ
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする