【ブラックジャック】カウンティングは通用しない??カジノ必勝法とラスベガスのカードカウンティング事件から考える本当の勝ちについて。

 
こんにちは偽物クリスチャンことライオンです^^
今回はブラックジャックとラスベガスで起こったカードカウンティングの事件について書きたいと思います。ギャンブラーに多い“オカルト”や“流れ”などそのような夢のような理論は全て抜きにして現実目線でブラックジャックを語らせていただくカードカウンティングの話が中心になります。
ラスベガスでのカードカウンティングの事件、そしてその事件から考えるブラックジャックでの本当の意味の勝ちを実践する方法をこちらでお伝えさせていただければと思います。
 

本当の勝ちってなんだよ。笑

avatar

ハム美

avatar

ライオン

まぁ、だまって続きの話を聞いてくれ!

 
 
日本で公開された映画『ラスベガスをぶっつぶせ』でいっきに日本でも有名になったブラックジャックですが、映画のイメージもあってか上手い人は勝てるカウンティングをすれば勝てる」などいろいろな噂が飛びかっていますが、正直な現実をお伝えさせただければと思います。
結論からいいますとブラックジャックでお金を一時的に勝つことはできても、長いことプレーすると必ず負けるようにできています
 

ラスベガスでギャンブルをする上での基本的な心得

夢を壊すような伝え方をしてしまいますが、はじめにお伝えしておきます。
ラスベガスで勝てるゲームなんてありません。当然ですが基本的に負けます。
ラスベガスのカジノはホテル代を安く設定し、無料でいろんな種類のアルコールを配り、膨大な人件費や販管費等をつかってお客さんを呼んでいるわけです。

その中で、彼らの一番の稼ぎ頭のギャンブルで、必ず勝とうなんて発想はまず一番最初に捨てましょう。
 
そのうえで、どのようになるべく負けずに楽しめるかを紹介させていただきます。

正直、無料でお酒を飲み安くホテルにとまりギャンブルというエンターテイメントで楽しませてもらっているのに、そのギャンブルというエンターテイメントを無料(負けずに)で楽しませてもらえるなんて、それはもうすでに勝っているようなものです。つまり偽物クリスチャンのいう本当の意味での“勝ち”とは、ギャンブルにとらわれず、最高にラスベガスを楽しむという事が勝ちだと考えています。

では、負けずにギャンブルなんて楽しめるのか!?
 
正確には不可能ですが、極めて無料(負けずに)に近いフェアーな期待値で遊び続けることは可能です。
 
では、どのようにするのかを説明していきたいと思います。

カジノゲームでブラックジャックが一番勝てるということは事実。

 
 
ブラックジャックが一番勝てるということは事実です。
ただ、正確にはブラックジャックが一番負ける確率が少ないと言ったほうが正しい表記になります。カジノゲームは勝てる確率が決まっています、そして全てのゲームの期待値は当然マイナスになるのですが、そのマイナスの中で一番マイナスが少ないのがブラックジャックなのです、そして次にクラップス、バカラと続きます。

バカラやクラップスは単純に勝てる確率が2分の1だと思っておられる方もいらっしゃいますが、そうではないのでご注意。。細かい説明は省略させていただきますが、バカラやクラップスでどんな選択をしたとしてもブラックジャックよりも勝てる確率は低く設定されています。だからこそ、ブラックジャックは根強い人気のゲームなのです。ただし、上記はブラックジャックで正しい選択をした場合にのみという注記がついてしまいます。ブラックジャックはバカラやクラップスと違い、プレーヤーの選択肢を非常に多く要求されるゲームが故にプレーヤーがどのようにしてプレーするかが大きく影響してきます。カジノではブラックジャック初心者や、お酒によった人達からお金を大きく回収する目的があるので結局ブラックジャックの実入りは悪くないということです。

基本的戦略を覚える。

ブラックジャックのベーシックストラテジーは他のサイトでもよく紹介されていますので方法は省略させていただきますが、負けないためにはベーシックストラテジーを暗記するしかありません。ただ、ベーシックストラテジーは確かにハウスエッジと呼ばれる、カジノ側の利益を減らすことができるのですが、決められた表に従いとても機械的な作業になってしまうので楽しむことができません。。。


映画のようなカウンティングは通用しない

 
『ラスベガスをぶっつぶせ』で有名になったカードカウンティングですが、はっきりいってカジノでは全く通用しません。資金があればと思う方もいらっしゃると思いますが、テーブルで必ずMAXベットの上限が決まっていますし。
そもそも、カウンティングをすればディーラーにバレバレです
本当にバレバレすぎて、びっくりするぐらいの不自然なベットになります。
偽物クリスチャンもカウンティングを実践していた頃は何度も注意されたことがあります。映画のように裏に連れられてボコボコにはされませんが、ディーラーからすぐ注意をうけ、それでもやめなければカジノを出禁になります。せっかくの旅行が台無しです。。
正直にいいますと、映画では頭のいい人が『賢かったらこんな事もできるよー!』みたいな雰囲気をかもしだしていますが、小学生の算数と表さえ暗記できればどんなバカでもできます。また、カジノ側はプロですので、そんな単純作業を絶対見逃しません
 
 

ラスベガスで起きたカードカウンティング事件について

有名な話ではベン・アフレックがラスベガスのハード・ロック・ホテルのカジノでブラックジャックのカードカウンティングが発覚して、カジノを出禁になったと伝えております。しかしそこはしっかりお金を落としてくれるVIPとだけあって「ブラックジャック以外は遊んでもいい」という条件でカジノを出入りしているそうです。
 

なんだそれ、全然出禁になってないじゃん。

avatar

ハム美

 
もう一つ有名な事件で言うと、あるラスベガスのホテルがオープン記念に通常では2枚でしかサレンダーができないというルールなのですが、3枚目でもサレンダーができるというルールを追加してしまい、プロのブラックジャックプレイヤーが大量に押し寄せて損失を出してしまい、そのルールは一晩にしてなくなったという話が有名です。
 

avatar

ライオン

そう!これが現実なんだ。そもそもカジノがカジノ側の損失になるようなゲームをラスベガスに残すわけない。君が見つけようとしているカジノの穴を見つけるよりもラジオの検証クイズに答えて抽選に当たるほうが確率は高い!

 

必勝法はカジノに楽しみに行っているということを忘れないこと。

 
 
カードカウンティング事件からも見てわかるように、カジノが脅威に感じるようなルールがあればすぐに排除しますし、そんなゲームカジノ場に残してはいません。
何度もお伝えしているようにカジノで勝つ方法はないのです、
直感などに頼って一時的に勝つことはあっても、長時間プレーをすると統計学的に必ず負けるように作られているのです。
また、基本的にギャンブル好きな人は勝った話を話したがり自分はすごいという事を話したがります。。そういう人の話は、真に受けてはいけません。

ネットで流出しているFXで丸儲けしました、教えます的な話だと考えていて下さい。本当の勝者は、カジノを楽しみ、そしてお酒を楽しみ、カジノでのかけがえのない時間を周りの人とすごすといことができる人だと偽物クリスチャンは考えます。お金を稼ぎたげれば、ンビニでバイトしていたほうが効率はいいでしょう。冗談で『絶対勝つ!』とまわりに言うのはおもしろいかもしれませんが、心のそこからカジノで勝ちに行くという方は、お金を稼ぎに行くという概念を根本的に変えたほうがいいでしょう。そのうち、人生での本当に大切なものを失ってしまうかもしれません。しかし、それでもラスベガスへ勝負しに行くというのならアナタ次第です、なぜならばあなたはカジノにその夢を買いにいくのだから。まぁ、どちらにせよTripAdvisor (トリップアドバイザー) でもそのホテルのカジノ評判はみることができるので一度試しにご覧あれ(´・ω・`)

いかがでしたか。結局、どこにいってもその場を楽しむということができる人が本当の人生の勝者になりますね^^

今日の名言:人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。
(アイルランドノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

 
コメント:考え方をつくるのも、人生を作るのも結局自分次第だとおもいます。
幸せな、楽しい人生を生きれるようになりたいですね♪
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする