異文化アメリカで驚かされたことTOP5!ちょっとした、海外雑談話♪

こんにちは偽物クリスチャンです!

突然ですが、最近みなさんはどんなことに驚かされましたか!?
同じ日常を過ごしていても、いろいろと驚かされることがあると思います。この驚きとは海外で生活していると本当におおきな驚きに遭遇することがあります!本日は偽物クリスチャンがアメリカで生活をしていて『本当に!?』と驚かされたことTOP5をお伝えさせていただければと思います!海外ってそんなことあるんだぁ、、というようなテンションで楽しんでいただければと思います(*´ω`*)

アメリカは異文化!違いすぎる文化に驚きTOP5!!

第5位:マクドナルでの神対応!

偽物クリスチャンが驚いたのはマクドナルドに初めて行った時の話です。
初めて空港でマクドナルドに行った際に、受けた接客に驚かされました。
空港でマクドナルドに順番に並んでいて、自分の順番がやっと回ってきた際に受けた接客がなんとレジにヒジを置きながらの接客だったのです!

日本で、ヒジを置くなんてもってのほか、むしろ接客中に従業員がおしゃべりすることすら許されなかった“日本では普通の環境”にいた偽物クリスチャンには衝撃でした。これはいい驚きだったのですが、これが普通になってしまうと中々日本社会には戻れなくなってしまうので難しいところです。

第4位:トイレでWhat’s up

偽物クリスチャンが初めて渡った海外はアメリカのミシシッピというアメリカ南部のとても田舎でヘンピな場所でした。そして、その土地はアフリカ系アメリカ人(黒人)がとても多い地域だったので、本当に日本とは違う独特な文化があったのです。

そもそも黒人の人々は陽気で、とても人々に優しいのです。
それが南部ということもあり、知らない人でも誰でも挨拶するという文化が構築されています。そう、その挨拶が『What’s up?』(ワッツアップ)です。
もう、町中でも目が合えば必ず投げかけられるこの言葉。

ウォルマートという、とても大きなアメリカのスーパーにいた時に、後ろから大きな黒人の人がやってきました。まだアメリカ慣れしていない偽物クリスチャンは、日本では見慣れない黒人の大きな人がこちらを見て何かを発しているのがわからなくて、かなりドキドキしながら『何?』と聞き返したら、やっぱり『What’s up?』といってただけでした。

トイレでもWhat’s upって挨拶するって。笑

気まずいわ!笑

第3位:小銭はいらないと店で言われる。。

こちらもまた衝撃の一つです!
日本では考えられないと思うのですが、アメリカでは小さな商店にいくと小銭が足りなくなった時『小銭はもういいよ!』といってくれるのです。
偽物クリスチャンの見解では、『小銭はもういいよ!』といってくれる人々はどうみても店のオーナーではなくアルバイトだと思うのですがそれが許される社会なのでしょう。

日本の社会ではレジのお金が1円でも足りないと、怒られたりします。
そんな中、むしろ率先して小銭をいらないといってくれるアメリカ人。
すごい。。ww

第2位:高速道路の道端によく焼け焦げたタイヤが転がっている

日本では車検があるので、車のタイヤが焼け焦げるなんてことはまず起こりません。
しかし、アメリカでは基本的に車を売買するとき以外は、車検というものを通す必要がないので車を本当に壊れるまで乗ることができるのです。
故に、車に関心がない人の車へのメンテナンスは極めて雑なものになります。
そういうこともあってか、タイヤがすり減るまで車にのるアメリカ人が結構いるせいか、フリーウェイと呼ばれる高速道路の片隅に焼け焦げたタイヤの残骸が結構転がっているのです。
実際に偽物クリスチャンもタイヤが焼けて、緊急停止する車をフリーウェイで目撃したことがあります。
はい、、怖すぎ。笑

文化の違いっておそろしいですね。。笑

第1位:おつりの小銭がないと店で言われる。。笑

そんな自由なアメリカ人は気前がいいのですが、偽物クリスチャンは逆の体験もしたことがあります。ある某有名ファーストフード店(Mc)でその日は珍しく現金で買い物をしました。
そうすると夜ということもあってか、どうやらレジの中の小銭が足りなかったらしい。

そして、偽物クリスチャンに一言。

『小銭がないや。笑』

はい、、笑。そんな笑顔で言われたら『別にいいよ。笑』という選択肢しかありません。笑。
今まで2度経験したことがあります。笑
日本ではこの行為は考えられなく、むしろ怒り出すお客さんが現れてもおかしくない状況ですが、そこはアメリカ。笑

日本人は見栄っ張り!?海外の寿司屋で値段を聞かない日本人に外国人は驚き(´・ω・`)。。でお伝えしたとおり、きっとアメリカ人と日本人では本当に感覚違うのでしょう。

結論

このブログのテーマの一つでもありますが、やはり国が違うと自分の中での「当たり前」は大きく違いますね。海外に行くことにより、そんな自分の中の当たり前を大きくアップデートしてくことができるのは大きな魅力ですね。そんなアップデートを繰り返すことで自分をより国際的な人間へと成長させていくことができるかもしれまんせんね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする