USCPAって本当に1000時間の勉強でとれるの?→はい、英語が得意でも無理だと思います。

こんにちはライオンです!
元気していますか??
最近は本当に暑い日が続いてライオンは完全にまいっています。。
みなさんが暑さにも負けず元気で頑張っていることを願っております!

というわけで、米国公認会計士事情もブログに書いていければと思います。

だまされてる?
USCPAは1000時間じゃとれない!

はい、タイトルどおりです。
結論から書いちゃうと、USCPA試験は1000時間程度の勉強で合格できるよ!
という文章あちらこちらで見かけますが、断言できます。
1000時間で合格している人は一般人ではありません。
(ちなみにライオンは一般人ですので、1000時間では合格はできませんでした。)

ざっくりと1500時間はかかっていると思います。

USCPA(米国公認会計士)って何?

そもそもUSCPAとはなんだ?と思われる方も多いのではないかと思いますが、ざっくり説明するとFAR、BEC、REG、AUDという4教科からなる試験で日本の会計士試験と比べて広く浅くの知識を要求される試験です。
基本的に会計士は「監査」という業務を任されるのですが、米国の場合は監査だけでなく税理士的な役割をしたり、会社のマネージメントの資質を表現するために取られる試験です。

ライオンがUSCPAを目指した理由

そもそも心理学科を卒業しているライオンは、ビジネス、またお金に対する知識が本当に乏しかったので、何かしらの方法で勉強しようと思ったのが一番の理由です。
どうせ勉強するなら、資格をとろう!と考え米国公認会計士を目指しました。

もう一つの大きな理由に、その当時Googleなどで「米国公認会計士 勉強時間」とググると1000時間程度と出てきたので、簡単に取れる資格なんだという大きな勘違いの元、Abitus(アビタス)という専門学校に入学したのがきっかけです。
もちろんAbitus(アビタス)でも1000時間程度と伝えられました。
おそらくその当時TACや、プロアクティブ、資格の大原などにいっても口を揃えて同じことを言われたでしょう。

ライオンはバカだったのか!?

1000時間で合格できなかったライオンはバカだったのか!?
そんなことはないと思います。正直、この試験を1000時間以内に合格できる人は、もともと会計知識にあふれていて、英語が本当に得意!(翻訳家レベル)というくらいの人だと思います。

片方だけではなく、両方を兼ね備える人です。

会計知識にあふれている人とは

ライオンの会計知識にあふれている人とは、簿記2級とかその程度の話をしているわけではなく、日本の公認会計士試験などではば広く会計を勉強したことのある人をさします。
財務会計などの実務で知識がある、程度のひとはFAR(財務報告)の教科では有利かもしれませんが、残りのBEC、AUD、REGの教科では結局勉強を強いられるでしょう。

英語が本当に得意という人とは

海外の大学を卒業している人レベルではなく、海外の大学でしっかり勉強をした人レベルの人を指しています。ライオンは日本語でも英語でも、読み物に関してはどちらでも気にならない程度の英語力はあると感じています。しかし、見慣れない会計独特の単語や、わざと複雑に書かれている文章問題などでは、ニュアンスの違いに苦しめられ、結構イラッとさせられることもありました。

よくネイティブは400−500時間程度で受かる試験なんだよ。
と話しUSCPAを軽くみる人がいますが、基本的に米国公認会計士の試験は会計専攻で大学を卒業した人を対象に作られている試験なので、通常の大学生が勉強するよりも多い単位を必要とする会計専攻で大学を卒業した人たちを前提にかかれています。

日本のように、ただ出席すれば単位をもらえるというシステムではないので、しっかり4−5年間大学で会計を勉強した後、プラスαで勉強する時間をさして400−500時間程度ということです。結局ネイティブもかなり苦労します。

USCPAってそこまで難しいの??

結論からいうと簡単ではないですが、そこまでは難しくないです。
どっちなんだよ!とツッコミを入れられる方もいると思いますが、諦めなければ誰でも必ず合格できる試験ですので!といえば伝わるかもしれません。
また、比較対象となる日本の公認会計士試験と比べても難易度は難しくないので、ビジネスの知識と英語を学びたいという方には本当におすすめです。

現在は変化し続ける試験

アメリカの会計基準はUSGAAPという基準があるのですが、国際基準のIFRSとの兼ね合いもあり試験自体がどちらの知識も求められるようになっています。

さらには試験範囲も広くなり、試験時間も長くなって来ています。
その試験の変化に対応するということ、そして米国公認会計士の試験自体も単純に難易度が上がってきていることもあり、2〜3年前のと比べても難易度は変わってきています。

その変化に対応したりすることも求められているということを考慮すると難しいです。

結論

USCPAの試験は1000時間ではよっぽど会計と英語に対する得意意識がない限り達成は難しいでしょう。会計知識がなく、英語がかなり得意と認識している人は1500時間程度とそれなりの覚悟を持って試験に挑むのが無難かもしれませんね。
ライオンがこの記事で伝えたいことは、決してUSCPAは難しいので挑戦するな!ということではなく。軽い気持ちでUSCPAに挑戦して、専門学校に高いお金を払い諦めてしまう人々が多くいるのでそんな人を一人でも減らしたいと思っての記事です。
やはりUSCPAを始めるからには、試験をあまくみず、専門学校などに流されず、それなりの時間がかかるという意識と学習コスト意識して挑みましょう!

きっと、あなたのキャリアは開かれるはずです♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする