自分を責めすぎない!というのをヨハネの福音書からかってに学ぶ。。

こんにちは偽物クリスチャンです!
最近は偽物クリスチャンというタイトルのブログくせにクリスチャン系の記事を全くもって書いていなかったので、何か書いて行きたいと思います。

どんな形で記事を書けばいいのかわからないので、
気の向くまま聖書を開いたページを記事にするという
「気ままに聖書日記」のブログも書いていければいいと思います!

基本的に偽物クリスチャンはクリスチャンの偽物なので、テキトーなことしか書きません。
そして、クリスチャンじゃない人が読んでもポジティブで面白い!もしくはへぇー、、、というような記事をかけたらと思っていますので、聖書を読んだことない方もノリで読んでみてください♪

あくまでも「気ままに聖書日記」は偽物クリスチャンの個人的な意見で構成されていることをお忘れないでください。もっともっとその聖句の箇所を知りたい人は、ぜひお近くの教会の牧師先生にでもお尋ねください(´・ω・`)

ヨハネによる福音書13章36節〜38節

はい、選んだわけではなくこのページがたまたま開かれただけです。
では早速なので聖句を見ていきましょう♪

聖書抜粋箇所

36:シモン・ペテロはイエスに言った、「主よ、どこへおいでになるのですか」。イエスは答えられた、「あなたは私の行くところに、今はついてこることはできない。しかし、あとになってから、ついてくることになろう」。
37:ペテロはイエスに言った、「主よ、なぜ、今あなたについていくことができないのですか。あなたのためには、命も捨てます」。
38:イエスは答えられた、「私のために命を捨てるというのか。よくよくあなたに言っておく。鶏がなく前に、あなたは私を三度知らないというであろう。」
ヨハネによる福音書13章36節〜38節
お前、、選んだだろ!笑
と言われそうなくらい有名所が第一回目からでましたね。笑
はい、選んでません。
ただ、正直に話すと一番最初に開いたページはダニエル記というマイナーどころだったので、開き直したということはしましたが。。(´・ω・`)。。笑

ヨハネって、、何が書いるか全然わからないんだけど??

この箇所は一体何が書かれているかをざっくり説明します。
シモン・ペテロというイエス・キリストの超有名な弟子がいました。
どれくらい有名かというと、バチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂はこのペテロから名前が来ているというくらい超重要人物です。

(おそらく本物のクリスチャンには、誰が一番重要なんてない!とツッコミをいれらそうですが。。(´・ω・`))

そのペテロがイエス・キリストに「絶対あなたについていくよー!どこまでもー!」というのですが、なんとイエス・キリストからは「お前、、俺のこと裏切るからね。。」と、衝撃的なことを言われてしまうというのがこちらの箇所なんです!
はい、どうなるかというと。
イエス・キリストが罪人として当時の警察的存在に捕まった時に、
ペテロはバッチリ「あんな人、知らないよー!」というのでした。

そして、ペテロはどうなるの?

ペテロが「あんな人、知らないよー!」といってイエス・キリストにブチ切れられる?
いや、違います。
なんとイエス・キリストがすごすぎて、
ペテロが「あんな人、知らないよー!」という前にフライングしてペテロを許しちゃってます。。笑
基本、イエス・キリストは怒らないんで。。笑

偽物クリスチャンが日常生活に置き換えてみた。

なんか、いきなり日常に置き換えれないところがきてしましたね。。笑
日常に置き換えて聖書を話したかったのですが、全然置き換えにくい場所きてしまった。。

これを日常生活の話に置き換えると、

自分の信じているものであっても、たまに周りの空気に流されて(周りのプレッシャーにより)本当の気持ちを言えない時ってあるよねー。

仲いい友達がいじめられてても、自分がいじめられるかもしれないと思ったら助けられないみたいなシチュエーションかな??
本当は、自分をしっかり持って、「やめろー!!」というべきですが、それができなくてもイエス・キリストは怒らないよー!ということではないでしょうか。。
うーん、、、、いまいちしっくりこない。。
でも、ありますよねそういう時、、、あの時なぜ自分はあんな行動をとってしまったのどろうと思う時。自分の良心と生きいくメリットを比較して、生きていくメリットが勝って良心が出す答えとは別の行動をとってしまう時です。
そんな時でも自分を責めなくていいよー、
なぜならば、それもまた神様の計画だからです♪的なのでしょうか。。
うーん。。。
聖書わからん。

結論

やっぱり人って自己嫌悪に陥ったりすることって多々ありますよね。
そんな時でも自分を責めすぎず、それもまた神様の計画だとおもって、気軽に生きてみてはいかがでしょうか。良いことをすることは良いことですが、そんな良いことができないときがたまにあっても神様は許してくれるんですかね??
うーん。。。
聖書、、、ムズカシす。。
気楽に楽しく生きましょー♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする