Fitbit Alta HRを1年半使ってみた結果のステマなしで切るレビュー!

こんにちは偽物クリスチャンです。
本日はFitbit Alta HRステマなしで切るレビューをしていきたいと思います。

他の方の記事をいくつか読ませていただきましたが、
なんか、みなさんAmazonアフェリエイトで商品を売りたいからか、どことなく持ち上げてるステマ感が半端ない記事が多かったのでこちらの記事を書こうと思いました。
ちなみに偽物クリスチャンはアメリカで購入しているため、2017年の3月の後半頃から現在まで使用しているので約1年半程使用しての感想になります。

おそらく、偽物クリスチャンのブログにたどり着く前に他のレビューや、公式サイトでのスペックなどをすでに確認されていらっしゃると思うので、詳しい商品の説明は省かさせていただきます。

ざっくりですが、こちらの商品が売りにしているのが下記になります。

・心拍計内蔵
・睡眠トラック
・携帯電話と連動
・バッテリー持ち7日間

以上になります。

良い点

心拍計内蔵から普段の行動を意識するようになる

こちらの心拍計内蔵というのはとてもおもしろいです。
普段は自分の行動に対してどれほど心拍数があがったりさがったりしているかがなかなか見えてきません。そんなか、心拍数が常にわかることにより自分自身でなかなか気づけない興奮状態やリラックス状態を知ることができます。
少しのラジオ体操の動きなどからすでに結構心拍数があがったのを初めて見た時はラジオ体操の見えにくい効果を実感しました。また、トイレに座っている時に心拍数が下がるのを見たときなどリラックスしているということを実感できたりして、普段はなかなか見えにくい自分自身を見つけるということができとても興味深いものでした。

バッテリーの持ちは7日間

この手の商品はとにかく充電がめんどくさかったりします!
しかしFitbit alta HRは充電がかなり持ちます、バッテリーの持ち時間は宣伝どおり6〜7日くらいは持ってくれるところがとてもありがたいです!
充電頻度が低いため常に肌身離さずつけていられることが利点だと思います。
しかし、睡眠時間などを図る機能を充電時間ということで測れなくなると残念です。
そもそも、防水機能などは弱いので、お風呂に入っているときに充電するのがおすすめです。

携帯電話との連動

特に何ができるかというわけではありませんが、携帯電話で電話がかかってきたりすると腕のFitbit Alta HRで誰から電話がかかってきているかを確認できます。
少しだけ便利です。笑
こちらのいいところはラインのメッセージなどは見れませんが、ラインの電話は誰からかかってきているかを見ることができます!
わざわざポケットから携帯電話を出さなくていいという点は確かに便利です。

無音の振動アラーム機能

Fitbit Alta HRには無音で振動して時間を知らせてくれる機能があります。
電車に乗っているときや、お昼休みにちょっと睡眠したい時などにはとても便利な機能です。周りに音によって迷惑をかけることなく、静かに目覚めることができます。
あまり知られていない機能ですが、あると嬉しい機能と呼べるでしょう!

残念な点

防水機能が完全ではない!

偽物クリスチャンは基本的にシャワーでお風呂を済ませていますが、お風呂にFitbit Alta HRはつけてはいってはダメだそうです。Fitbit Alta HRにもとめ過ぎているのかもしれませんが、日常生活をトラックするという目的で使っているのでお風呂の時間の消費カロリーや心拍数なども図ってほしい!という不満がでてきます。(´・ω・`)

ずっと腕につけていると腕がむれる。。

ずっと腕につけていると、心拍数を測るために腕に結構フィットするように装着しなければならないので、ゴム製のバンドがムレてきます。神経質な方や、きれい好きな方は24時間Fitbit Alta HRをつけていることは気になって仕方ないのではないかという点が1年半使ってみて気になった点です。

お風呂にFitbit Alta HRを着けて入ることができれば、お風呂に入るときに一緒にFitbit Alta HRも洗うことができるのですが、そもそも防水機能が完全ではないので水でガッツリ洗うことができません。これは間違いなく残念な点です。

結論

Fitbit Alta HRを1年半使ってみて総合評価は、かって後悔はない!です。
やはり、良い点と悪い点がありますが基本的には良い点の方が多く、悪い点はどちらかと言えば防水機能などのこれから技術の革新とともに改善されていくのではないかと言うようなものばかりなので、今は我慢するしかありません。
ウェアラブルデバイスで自分の健康を管理したいと考えている人には、今あるウェアラブルデバイスの中では間違いなく1番、2番を争うレベルのおすすめデバイスです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする