コスパ最強、長時間のスタバ滞在にはキャラメルマキアートがおすすめ!!アイスキャラメルマキアートの分離派か混ぜる派かについて。

こんにちは偽物クリスチャンです!
本日は偽物クリスチャンが思ったことを徒然なるままに書いていく、
偽物クリスチャンのつぶやき日記を書いていければと思います。

はい、しょうもないことを徒然なるままに書きます。

スターバックスのキャラメルマキアートは混ぜて出してもらう方がよい!

はい、いきなりどうでもいいよ。笑
と思われる方も多いと思いますが、偽物クリスチャンはスターバックスが好きだ!
そのスターバックスが好きだ!と宣言する中で、一番よく飲む飲み物はキャラメルマキアートです♪

なぜキャラメルマキアートが一番のおすすめなのか!?

結論から言えば、コスパがいいからです。
フラペチーノ系は意外と値段もしながら、さらにいろいろなフレーバーが混ざっていて季節のたびに変わったりもするのでお気に入りのドリンクとして固定しにくい。
そんな中、常にありドリンクとしてもしっかり定着しているキャラメルマキアートは非常に良い!

スタバなのに意外と安いキャラメルマキアート!

おすすめな理由の中の一番の理由がそのコスパだ!

下記がキャラメルマキアートの値段表になる!

サイズ 値段
Short (Sサイズ) 380円
Tall (Mサイズ) 420円
Grande (Lサイズ) 460円
Venti (スーパーサイズ) 500円

どうだろう!
通常のアイスコーヒーが320円なことを考えれば、ある意味スタバらしさを持ったキャラメルマキアートが380円なことは破格だとも考えられる!
(キャラメルマキアートってコーヒーにキャラメル足しただけじゃねーか!というツッコミは受け付けておりません。笑)

キャラメルマキアートは長時間の滞在に最適!

基本的にカフェなどで勉強や、仕事をしたいという意識高めの人も偽物クリスチャンのポジティブにブログ読者には多いと思っております。
そんなカフェで勉強したい人にはキャラメルマキアートはぜひおすすめ!

値段のコスパという面も当然あるのだが、
フラペチーノの系はその特性上、長時間スターバックスに滞在するとシャキシャキの氷のようなものが溶けてしまい、ただの薄いコーヒーになってしまいがちである。
その点、はじめから通常のドリンクのキャラメルマキアートは長時間放置されていても全くもって味が変わらないのだ(・∀・)!

そして、普段の家で飲むコーヒーとは違い、外で飲むコーヒー独特の甘さもあるので勉強を外でする時の一息つく飲み物としてはバッチリあう♪

しかも、Ventiサイズで500円!
スターバックスの効率的な気分転換ができる作業時間を甘い飲み物と共に500円で購入できるなんて、お口にもお財布にもとってもフレンドリー↑↑

キャラメルマキアートを頼むときは混ぜだしてもらうのが楽♪

キャラメルマキアートの見た目はおしゃれだ!

見てわかるように、上と下が完全に分離しているのでコーヒーを飲んだあとにミルクを飲む!などのような味の気分転換ができる。
しかーし!実際にこの味の気分転換をしているひとは果たしてこの世の中にどれくらいの数の人がいるのだろうか。ほとんどの人はキャラメルマキアートを受け取ってすぐにストローなどで混ぜてしまうのではないだろうか。。

偽物クリスチャンも受け取った瞬間にすぐ混ぜる!
ということで、受け取ったあとに自分でぐるぐる混ぜるのも面倒なので、
キャラメルマキアートをオーダーするときは「混ぜてください!」と一言伝えよう。
しっかりと混ざった状態のキャラメルマキアートがもらえるので混ぜる手間が省ける。

余談:なぜそもそもキャラメルマキアートは分離しているのか。

世の中にはアイスキャラメルマキアートがミルクとコーヒーの部分が分離していることによって喜んでいる人もいることは間違いない!
最後に混ぜると課程して、濃いめのコーヒーをミルクと共に楽しんだ後に徐々にミルクとコーヒーを混ぜていって、数回に分けて違うコーヒーの味を楽しめるというのが理由だそうだ。味音痴の偽物クリスチャンにはあまりわからない秘技である。

結論!

スターバックコーヒーで長時間勉強などで滞在するときに、コスパなどの面から考えるとやっぱりキャラメルマキアートがおすすめ!値段も安いのに、数回に分けて味を楽しめるという利点もあり、長時間放置していても味もほとんど変わらない。
また、味にそんなにこだわらない人は店員さんに混ぜてから出してくださいと頼んでみよう、混ざった状態のキャラメルマキアートを貰えるのでいちいち自分で混ぜる必要がなくなるので意外とおすすめだ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする