求めなさいそうすれば与えれる!マタイとルカによる福音書+英語からみる聖書!

こんにちは偽物クリスチャンです。
さぁ、はじまりました!

偽物クリスチャンのつぶやき聖書日記!
本日はどこの箇所が選ばれるのでしょうか!

はい!

ルカによる福音書 11章10節!

今回選ばれた箇所は有名なルカによる福音書です!
では早速その箇所を見ていきましょう♪

ルカによる福音書11章10節日本語

すべて求めるものは得、探すものは見いだし、門をたたくものは開けてもらえるからである。

ルカによる福音書10章10節

はい、どこかで聞いたことがあるような箇所ですね。
そうです!
こちらの箇所はテレビなどでもよく取り上げられる有名な箇所。
マタイによる福音書7章7節に極めて近い句なのです。

では、マタイによる福音書7章7節を見ていきましょう!

求めなさい。そうすれば与えられます。
捜しなさい。そうすれば見つかります。
門をたたきなさい。そうすれば開かれます。

マタイによる福音書7章7節

すごいポジティブな箇所ですよね。
では、いつものように英語バーションも見ておきましょう。

ルカによる福音書の英訳

For to everyone who makes a request, it will be given; and he who is searching will get his desire; and to him who gives the sign, the door will be open.

Lunke 10:10

この英文で面白いなとおもうところは、門をたたくという表現をknock! and the door will be openedとなっていないところですね。ただ単純に訳が違うだけかもしれませんが、やはりいろいろな言語でいろいろな訳で読むことにより、その聖句を新しい角度からみることができるという利点は素晴らしいものがあると思います。

意外と難しい!!純粋な気持ちで何かを求めるということ!

純粋な気持ちで何かを真剣に求めることって意外と難しい。
偽物クリスチャンはとにかく新しいことに挑戦することが好きな性格なので(飽き性)、一つの何かを強く求め続けることをしたことがないのかもしれない。。

みなさんは何か一つのことを強く求め続けたことってありますか?
また、求め続けたことがある人はその願いや想いはかないましたか?

よく、「死ぬほど、死ぬ気で」夢を追いかければ大抵の夢は叶うという言葉があります。

まぁ、、死ぬ限界まで努力し続ければ、それは大抵の夢は叶うだろうというツッコミもあると思いますがなかなか、「死ぬほど」まで努力することって難しかったりする。

今回のルカによる福音書は、自分の信じている神様にお願いするわけだから
当然、その物事を嘘偽りなく心から求めていなければならない。

でも、心のそこから求めていると自信を持って言える人はやっぱりその思いは叶うのだろうと思う。

、、。
なんともまとまりのない文章になってしまった。
まぁ、偽物クリスチャンのつぶやき日記なんてこんなものだよね。。

こんな日記でも読んでくれるひとがいることが本当に嬉しい。
読者のみなさん、ありがとうございます。

最後に

今回は有名なマタイによる福音書7章7節にそっくりな箇所ルカニよる福音書11章10節を見てみた。やっぱり、どんなことでも心の底から強く願えば願いは絶対かなうとおもう。
だって、神様はちゃんと聞いてるし、見てるから。
好きな言葉に神様のなさることは時にかなって美しいってことばがある。
もし、願いが「まだ」かなってないんだったら、もっともっと強く思い続けるべきだと思う。そしたら、きっと神様のタイミングで必ず願いは叶う日がやってくるだろうから。

、、と自分に言い聞かせてみる。

神に感謝↑↑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする