留学してないから英語スピーキングがうまくならないは自分への甘え。留学でも国内学習でも結局はアウトプットの量がものをいう

こんにちは偽物クリスチャンです。
本日は英語の勉強法について書いていければと思います。

みなさんは英語をどのように勉強していますか、
独学で勉強をしている方も、誰かに教えてもらっている方も、受験や学校などで学んでいる方も多いのではないでしょうか?

英語スピーキング上達への王道はやっぱりアウトプットの量!

みなさんの中には、海外に行けば英語が上達すると信じている方もおおいのではないでしょうか。偽物クリスチャンの自己紹介!でもご紹介している通り、偽物クリスチャンは長いこと海外いた中で、本当にいろいろな英語を学ぶ人たちをみてきました。
そんな中で、偽物クリスチャンが見てきた人=全員海外に留学、もしくは駐在などで渡っている人、なのですがその人達の中には本当に英語が上手な人と、英語が苦手な人がいたのです。

ではその違いは一体何だったのでしょうか。

英語学習におけるアウトプットの大切さ

スピーキングの一番の上達方法はやはりアウトプットの量

日本人はそのシャイな性格から、英語を話すということを恥ずかしがります。
偽物クリスチャンも、中学生の時にキレイな発音を目指して「R」の発音をはっきりしたら、みんなに笑われたのを覚えています。(むしろ、今考えれば学校の先生自体もしっかりした「R」の発音をしていなかった。。)

そうなんです、日本人が海外の人たちと比べて英語の発音が上達しない理由は、やはりそのシャイな性格にあると考えて間違いありません!!
シャイな性格だからこそ、他国の人たちと比べて圧倒的にアウトプットの総量が減ってしまっているのです。

必ず英語のスピーキングが上達したい人は「アウトプット」を意識した勉強法を取り入れましょう!

やっぱり英語のスピーキングが上手な人は英語をよく使う人

海外で生活する中で本当に感じたことなのですが、やっぱりスピーキングが上手な人は英語での話が好きな人でした。逆に、シャイで外ではあまり話さない人や、家族でアメリカに来ている人などはどうしても英語のアウトプットの時間が減ってしまっているからだとは思いますが、英語のスピーキングがアメリカに何年もいてもどうしてもうまくなっていないという印象を受けます。

留学をすれば英語が上手になるは大きな間違い!

留学をすれば確かに英語を話す機会が増えます。
しかし、英語を話す機会は確かに増えるのですが、しばらく留学生活をしていると日本人の友だちもできてきます。
そうなんです、、、ご想像の通り、多くの英語が苦手な日本人は海外のストレスなどもありストレスフルな性格から少しでも逃れようと考えます。そのストレスフルな生活から逃れるためにとる行動の一つが、同じ文化を理解している、同じ言語を話す日本人と友達になることです。

そんな日本人と友達になってしまえば、もう最後です。
買い物のときなどは当然英語を使うわけですが、普段の日常生活では英語を使わないわけですから、もう英語のアウトプットを増やすという意味での留学からは遠いものになってしまうというわけです。

日本でも留学するくらい英語がスピーキングが得意になることはできる

日本人環境にいる留学生と、英語環境にいる日本の学生

先にお話した通り、海外に留学しても日本人とつるんでしまうと圧倒的に英語のアウトプットの機会を失ってしまいます。そんな英語のアウトプットの機会が失ってしまった状態では、もう海外にいる意味をなしません。

日本の中には、外国人とのシェアハウスや留学生達の大学のクラブやサークルに積極的に参加する事によって、毎日のように英語を話している人々もいます。

そんな人達の中にいる日本の学生の方がまず間違いなく、英語のアウトプットをしている可能性が高いでしょう。また、そんな学生達の方が、まず間違いなくスピーキングは上達するでしょう。

なぜ国内環境で英語を勉強すると英語の発音が上達しないのか

はい、こちらは単純な理由です。
英語の発音が上達しない理由は、「耳が」とかそういう理由ではありません。
理由は、その日本語なまりの英語を誰もわざわざ正してくれたりせず、日本語なまりに慣れた外国人たちがその英語を聞き取ってしまうからです。

正してくれず、通じてしまえば当然それ以上は求めなくなってしまいます。
そんな環境の中に入ってしまうせいで国内環境ではどうしても英語が伸びない理由です。

スピーキングの上達の近道は練習できる先生を見つける事

英語のスピーキングが上達する方法として、自分専属の先生を見つけることが一番の近道です。現在はインターネットの時代なので、外国人の友だちなど簡単に見つかります、その中で自分の専属の先生を見つけることが一番手っ取り早いでしょう。

問題点としては、その学生ならその人に時間を合わせて練習をすることができますが、社会人となるとこうはいきません。

そうです、時間と労力を使いたくない。
ではどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です、お金を積みましょう。
現在は簡単に24時間好きな時間にアウトプットを練習できるアプリ などが世の中に溢れています。留学するには時間的にも費用的にも莫大な労力がかかります。

それは、仕方のないことです。
やはり、学習コスト(勉強時間が必要)の低いものに価値は生まれません。英語の学習コストに見合った対価はどうしても必要です。帰国子女などの場合はバイリンガルにするために帰国子女の両親がどれだけ一生懸命その子供に2カ国語を教えたかを考えてみてください。

バイリンガルの子供は生まれ持って2カ国語話すという、甘い考えを持っているかたが多いと思いますが、2カ国語話すために夏休みを使い母国語のスクーリングをしたり、日曜日に補習校に通ったり、本当に大変な子供時代をすごしています。

やはり、英語を話すということはそれなりの対価を払わなければならないということです。
英語のスピーキングを上達したければ、学生なら外国人のコミュニティーに飛び込むこと。それが嫌なら、もしくはそんな時間がない社会人であればお金を払って自分の好きな時間にスピーキングの練習ができる場を確保することが上達への近道です。

結論!!

英語のスピーキングが上達したければとにかくアウトプットが大切!アウトプットは必ずしも留学で確保できるものとは限らないし、日本にいても確保することは可能。しかし、英語を本当に習得したければ、学習コストがかかるので、それなりの時間とお金をかければならない!英語を身に着けて国際的な人間になっていくために、現在の努力と投資を惜しまず前向きに進んでいこう!

24時間自分の好きなタイミングで勉強できるアプリチャット英会話アプリで好きな時間に先生と英会話、Eigooがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする