英語でお礼の返事はなんて言う?意味を知ってネイティブみたいに話そう♪

こんにちは偽物クリスチャンです。
本日は英語でのお礼の返事について書いていければと思います。

みなさんは英語で俺をイメージすればどんな言葉が思い浮かびますか?
やっぱり日本人の思い浮かぶ英語のお礼第一位は「You are welcome」ではないでしょうか、その次におそらく「Not at all」とかが来るのではないのでしょうか。

やはり、英語の授業で勉強した言い回しが強いですよね。

英語でお礼の返事はなんて言えば一番かっこいい?

せっかく英語を使うならネイティブのようなかっこいい使い回しを英語でしてみたいと思いませんか?実は日本語とは少し違い、英語にはいろいろなお礼の言い方があります。
どんなお礼の言い方が一番ポピュラーなのかも含めてシチュエーションに分けて見ていきましょう♪

通常のお礼「You are welcome」

通常のお礼ではやっぱり圧倒的に「you are welcome」が多いのではないのでしょうか。
こちらのyou are welcomeを直訳するならば、日本語のどういたしましてに当たります。(一般的なお礼という意味で。)しかし、そもそもどういたしまして自体があまり意味のわかりにくい言葉なので、なんとも言えませんが一般的な英語でのお礼は「you are welcome」になることは間違いありません。

英語の授業で習う「Not at all」

英語の授業で「You are welcome」に続いて習うこちらの言葉、日本語の直訳的な意味としては「気にしないで!」が一番適切ではないでしょうか。
しかし、偽物クリスチャンが滞在していた土地はアメリカのカリフォルニアなのですが、あまりNot at allという表現を聞かなかったというのが正直な感想です。もしかしたらイギリス英語なのかもしれませんが、やっぱりせっかくお礼として英語を使うならネイティブが使うスマートないいまわしでお礼を言いたいですよね。

オールマイティーに使える「Anytime!!」

オールマイティーに使えるのはやはり「Anytime!!」ではないでしょうか。
意味としては、「いつでも頼んできてね!」と軽い感じで相手にお礼をいっているイメージです。こちらもネイティブがよく使う言い回しで、普段の日常生活で覚えていれば間違いなく役に立つ言い回しであることは間違いありません。

スマートなお礼「My pleasure」

いろんな人が、いろんな言い回しでお礼を言う中で偽物クリスチャンが一番好きなお礼の言い回しが「My pleasure」です!直訳的な意味でいうと、それは私の喜びです!という意味、そこまで深い意味を込めて「My pleasure, もしくは It’s my pleasure」を使うネイティブの人はいないかもしれませんが、本当に素敵な言葉ということは間違いありません。

ただ、やっぱりいろんなお礼の言い方をしてきた中で、この「My pleasure」が一番好感を持たれるお礼の方法だ思います。

結論!

結局は自分がなんと表現したいかによって当然お礼の返事は変わって来ます。
しかし、そのバリエーションを学ぶことによっていろいろな角度から相手に気持ちを伝えることができるようになります。いろいろな言い回しを勉強して、もっともっと自由に英語を使えるようになって、世界へ飛び出しましょう↑↑チャット英会話アプリでチャット英会話ができる環境など、今は本当に時代が進んでいます、あなたもしっかり英語を学び国際的な人間になろう♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする