高橋容疑者(子ども)はやっぱり被害者、原因は三田佳子の子育てだ!

こんにちは偽物クリスチャンです。
本日は、今話題の三田佳子の息子の件について書こうと思います。
意見が偏ってしますために最初にお伝えしておきますが、今回の記事は決して逮捕された高橋容疑者を養護しようとする記事ではありません。
子育てにおいていくつになっても子供は両親の「教育」により形成された人格を生きる、ということをお伝えしたく今回の記事をかいています。

概要

女優・三田佳子さんの息子の高橋祐也容疑者(38)が、覚せい剤を使用した疑いで、警視庁に逮捕された。今回の逮捕は4度目である。
高橋容疑者は渋谷区内の飲食店を訪れた際、一緒に店を訪れていた数人と口論になり、店側に110番通報された。その際に、高橋容疑者の言動や行動に強い違和感を覚えた警察官が病院にて尿検査を行い、陽性反応が出たため、緊急逮捕に至った。高橋容疑者は覚せい剤の使用を認めている。

息子について

38歳で無職、覚醒剤での逮捕は4度目とのことよりかなりの覚せい剤の常習性が確認される。そもそも覚せい剤とは、お金のかかる薬物でも有名なのだが、覚せい剤中毒のその身でいかにしてお金を稼いでいたのだろうか?と思われる人も多い。そんな中、ミヤネ屋の情報で母親の有名女優である三田佳子が息子に毎月200万円を上限としたクレジットカードと毎日15万円のお小遣いをもらっていたということが判明した。

この件について三田佳子さんは、「もう力及ばずの心境」とコメントを残している。

今回の件の親の責任について

今回の件で、高橋祐也容疑者がすでに38歳ということもあり、完全に三田佳子には関係ないという風潮があるが、私はそうは思わない。
なぜならば、三田佳子が「息子の教育」を完全に怠り、手に負えなくなったからといって、お金を単純に渡し続けたということが今回の事件を起こした原因でもあると言えるからだ。

モチベーションを奪われた高橋容疑者

そもそも、人間は怠ける生き物である。
もし、あなたが毎日生活していく上で贅沢な生活をするには申し分のない金額を両親から半永久的にもらい続けることができるとしよう。その時、あなたは現在働いている会社で働き続けますか?

当然、意識が高く「成功」を収めている人は「はい。」と答えるかもしれないが、大半の人々は「働かない、すぐやめるよ。」と答えるだろう。なぜならば、働くためのモチベーション「金銭」という報酬自体がその人のモチベーションになっていないからだ。

「このモチベーションを育てる」というのも両親の大きな役目なのである。

小さな時から何の不自由もなく生活ができた

高橋容疑者は三田佳子さんの息子ということもあり、小さな時から何の不自由もなく生活できました。有名女優の息子ということで、特に何をするわけでもなく人々の関心を集めることができ、働く必要もなく好きなことができてしまったのです。

人は何かの欲求がない限り、モチベーションはなかなか育たないものなのです。例えるならば、「美人は何もしなくてもチヤホヤされるので芸がない、ブスの方が面白い」というような構図です。社会に適応するために、例えば「人に好かれたい」などがモチベーションとなり、それに向かって努力を積み重ねていくことにより、達成感と共に次の目標に向かえるのです。

今回の高橋容疑者の状態を見てみると、子供のころから「何かのために頑張る」といった状況が、恵まれすぎた環境ゆえにすべて奪われてきました。そして、そのまま大人になり快楽を求めて覚せい剤に手を出してしまった。

「子供にも意思があるから、それは子供の責任だ!」は間違い!

子どもにも当然ですが、性格などの違いもあり、意思も芽生えてきます。
しかし、そんな意思ですら「環境」により作られるものがほとんどなのです。暴力で育てられた子どもが暴力を振るい、論理で育てられたこども理屈を唱えるようになる。といったように、性格以前に両親にどのように育てられたかが大きく影響してくるのです。

「三つ子の魂百まで」という言葉にもあるように、その土台となった性格に学校などの外的要因が加えられ、その子どもの性格が形成されていくのです。しかし、今回の高橋容疑者の場合は、そもそも芸能関係者という「閉ざされた世界」にて母親の手厚いサポートともに生活をしてきているため、高橋容疑者の性格は、ほぼ両親が作ったといっても過言ではありません。

そして、今回の事件が起こってしまいました。

この段階に来て、「私はしっかり育てたのに」(今回、三田佳子さんはこのような発言はしていません。)というような発言は決して許されるものではありません。しかし、大半の親はこのような状況において上記のような発言をします。

結論!

この記事を読んでいるあなた!あなたの子育てによりあなたの子どもの性格は大きく変わっていきます。あなたの言動一つでこどもの自尊心が育ち忍耐が育ちます。逆にあなたの小さな発言により、子供の自尊心が失われ、卑屈な性格になってしまいます。そして子どもはその性格と共に一生すごさなければならないのです。そんな子どもを被害者と呼ばずになんと呼べるでしょうか。偽物クリスチャンは今回の高橋容疑者にこれと同じ感情いだいたというわけです。

子どもは両親を選べません!
だからあなたには子どもを生む以上、しっかりとした子育てをする責任があるのです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする