高校卒業後すぐアメリカ大学に進学するメリットとデメリット!米国大学の良さもあるが、日本の大学の良さもある。

こんにちは偽物クリスチャンです!
偽物クリスチャンは日本の高校を卒業後アメリカの大学を卒業しております。
(中国の大学にいたことも、その後日本の大学にも在学していてちょっと経歴はややこしいのですが(´・ω・`)(詳しくは偽物クリスチャンって誰?の記事を読んでみてください)

というわけで、アメリカへの留学を大学で考えている人に向けて今回の記事を書きたいと思います。高校を卒業してすぐ大学でアメリカに渡るメリットとデメリットを書いていきます!

日本の大学じゃなくてアメリカの大学を卒業して良かった事と悪かった事

結論から申し上げますと、高校をでてすぐアメリカの大学に通い、アメリカの大学を卒業したことに関して本当に良かったと思っています。しかし、当然社会にでてから日本の大学をでてからアメリカの大学に渡っても良かったのかもしれないと思うことも合ったのでそういった点を書いていければと思いますヽ(=´▽`=)ノ

では早速良かったところから!

アメリカの大学を卒業してよかったこと!

英語を学ぶのにそこまで苦労せず学べた!

こちらは個人差もあり比較対象もないので難しいのですが、一般的に若いうちの方が言語は学びやすいと言われています。アメリカの大学は勉強しないと卒業できないので、英語での勉強を強いられます。その英語を使わなければならない環境の中に、若いうちに置かれることによって英語をすんなり身につけることができたと思います。

当然意思の強い人は「留学してないから英語がうまくならないは自分への甘え。留学でも国内学習でも結局はアウトプットの量がものをいう。」でお伝えしたとおり、日本にいても学べるので完全なるメリットといい切るのは難しいのですが、意思の弱い偽物クリスチャンにはメリットだったと思います。(結局は日本にいても英語を話せるようになるだろ。。っていうくらい英語の勉強を座学でしましたが。)

多人種、多国籍の環境の中で学ぶことにより国際的な感覚を身につけることができた

世間一般で言われる「国際的な感覚」と呼ばれるやつです。
その考え方を多人種、多国籍の環境の中で学ぶことができて間違いなく考え方の幅は広がりました。日本での「当たり前」の考えが当たり前ではないことを知り、そして本当に正しいものなんて世の中には存在しないので自分自身を真っ直ぐ生きることが正解でなんだ!ということを学びました。

外国の感覚に興味を持ってくれた人にオススメ記事
“出る杭は打たれる!”の日本文化と正反対の意味をもつアメリカのことわざ!

日本の大学を出ていればよかったと思ったこと!

アメリカの大学で学べたことも多いのですが、当然ですが日本の大学を出ていればこんな事を学べたのになと思うことがありました。そんな外からみた日本の大学の良さをお伝えしたいと思います。

日本の文化を大学で学べる

日本の文化は本当に独特です。
チームワークを大切にしている日本の文化ではなかなか日本でしか学べない上下関係などもあります。大学を卒業した後に日本の日系企業で企業戦士として働きたいと思っている人は日本の大学を卒業してから海外の大学に行っても遅くはないと思います。
MBAプログラムなどの大学院では、日本の企業から給料をもらいながら行くチャンスもありますので、そのような制度を利用すればコスパは最高になります。自分に自信のある人は、日本の大学を卒業してからでも遅くはないと思います。

お金がなくても奨学金なども充実している

日本は大学での奨学金(学生ローン)の制度がしっかりしています。つまり比較的に貧しい家の出身でも奨学金をもらいながら大学を卒業することができます。これは大きなメリットです。アメリカの大学では基本的に外国人への奨学金は本当に少ししか用意されておらず、お金を借りることも難しいです。なかには「アメリカ留学生の違法アルバイト事情。カリフォルニは不法労働者でいっぱい?違法バイトの実情と偽物クリスチャンの見解。」でご紹介したようにアルバイトをしながら大学を卒業する人もいますが、在学中に国外追放になるリスクを背負ってまでアメリカの大学を出る必要はないと思うので、そんな方には日本の大学を卒業後、社会人をしてからアメリカの大学院に行けばいいと思うので、日本の大学の方が安全だと思います。

まとめ

アメリカの大学で学ぶことのメリットは大きいと思いますが、日本の大学ならではのメリットも当然あります。もし環境や状況が許さず、アメリカの大学へ留学をしたいと思っている人がいるならばとりあえず日本の大学を出てからでも遅くはないと思います。
日本にいてもスマホアプリで通勤通学にテキストチャットで英会話の練習ができるアプリなどもあります。長期で留学はできなくてもワイキキでビザなし英語留学などの旅行感覚で留学体験ができるプログラムなどもあるのでまずはそのような経験を大学時代に積んでから海外を目指すのも一つの方法だと思います。  

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする