非英語ネイティブが英語でYoutubeを3週間やってみて気づいた英語の上達法!

こんにちはライオンです!
みなさん元気にしていますかヽ(=´▽`=)ノ?

ライオンが英語でYoutubeをはじめてからそろそろ3週間が経ちます。
ちゃんと動画を編集して必ず毎日動画を上げるという約束のもとはじめたYoutubeがなんやかんやで3週間も続いているというのは自分でも驚きです♪

飽き性のお前がよく続いたな!

avatar

ハム美

avatar

ライオン

私はやる時はやるのだ!
そしてこれからも続けるのだ!

今回はそんなYoutube生活の中で気づいた3つの英語上達法をお伝えしたいと思います!

1.日常でわからなかったことを必ず辞書でしらべる

これは当たり前だ!と思われる方も多いかもしれません!
しかし、日常生活の中で英語で考えることにより目に入るもの全てが英語の勉強のトリガーとなるのです。
Youtubeを始めてから、英語でものを紹介することが増え、その中で自分のわからないものを調べては伝えるという動作を繰返しているうちに自分の語彙力が上がっていってるのを本当に感じます!

ちなみに最近であった知らなかった単語は「ジョーロ」です。
そうあの水やりのジョーロなのですが、英語ではWatering canといいます。

↑この動画でジョーロを紹介するシーンがあるんですが、その時にジョーロの英語での表現方法がわからなくて調べました。

こうやって日常の中でわからないものをしっかり調べていく気になれば、留学なんかしなくてもあなたの語彙力は間違いなく増えていくでしょう♪

2.客観的に自分が話しているのを聞いてみる!

カメラにとって話すことにより、自分が話しているのを客観的に見ることができます。
普段ではなかなか自分の話し方のクセなどは意識しないと思います。
そんなクセを客観的に聞いて、改善していくことができるのが本当に強みです。

今は携帯電話でも簡単に自分を撮影できる時代ですので、たとえYoutubeに動画を挙げなくてもレポーターになったつもり家にあるいろいろなものを紹介していくという練習方法が絶対一番英語が伸びるということがわかりました。

3.Siriと英語で話してみる

Youtubeで自動字幕機能があるのですが、やはり聞き取ってくれない単語や文章があります。
最近の音声認識システムは進んでいるので、しっかりと発音すればしっかり聞き取ってくれることがほとんどです。
しかし、もし聞き取ってくれないとなるならば、それはあなたのアクセントの問題であったり、人が使わない言い回しを使っている可能性が非常に高いということです。

今はIphoneやAndroidなどで音声会話を楽しむこともできますので、それを自分の発音練習に使ってみるといいかもしれません。その中で、自分ではなかなか気づきくい、相手が聞き取りにくいアクセントを見つけることができます。

まとめ

今は科学の進歩により、昔と違って色々な方法で英語を学ぶことができます。
英語を勉強している人は、まずは英語に慣れることからはじめましょう!
そして、それを客観視してより相手に伝わりやすい英語を目指すようにがんばりましょう。
英語はなまりを気にする必要は全くないと思っていますが相手に伝わりやすく話すことは本当に大切だと思っています。
ライオンもYoutubeを頑張る中で、しっかりと成長してけるように頑張りたいと思います↑↑

もし興味を持っていただけるならぜひチャンネル登録よろしくお願いします(^^)

みなさん、よい一日を♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする